和歌山アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでOK?何頭いて返還はいつ? | おでかけスポット見つけた!

和歌山アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでOK?何頭いて返還はいつ?

スポンサーリンク
和歌山アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでOK?何頭いて返還はいつ?

和歌山県白浜町にある『アドベンチャーワールド』は、上野動物園よりもたくさんのパンダがいるパンダ好きにはたまらない夢のスポットです。

2020年にもメスの『楓浜』が産まれて、すくすく育っています。

そこで今回は、和歌山アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでもOKなのか?パンダの数や中国への返還状況、ぬいぐるみなどのグッズについてもお伝えします。

スポンサーリンク

アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでOK?

アドベンチャーワールドでは、通常時は予約も時間制限もなしでパンダを見ることができます。

気が済むまで、かわいいパンダに癒されましょう。

ただし、現在はコロナウィルス感染拡大の影響により、混雑状況や天候次第で観覧整理券を配布し観覧人数を制限している場合もありますのでご注意ください。

パンダで有名な上野動物園では、赤ちゃんが産まれた時の抽選倍率は、なんと348倍だったとか。

そう考えると、予約なしでもパンダを見れるアドベンチャーワールドって、ほんと神!って思っちゃいますよね。

なお、カメラやビデオによるパンダの撮影もOKです。

ただし、フラッシュ撮影や三脚・一脚、自撮り棒はNGなので、気をつけてくださいね。

アドベンチャーワールドにパンダは何頭いる?

現在、アドベンチャーワールドにいるパンダの数は7頭です。

この7頭は全員家族で、中国から来たパパパンダ『永明(えいめい)』とアドベンチャーワールドで産まれたママパンダ『良浜(らうひん)』、そしてその子供たち5頭という家族構成になっています。⇒家系図や歴代の名前はコチラ

アドベンチャーワールドで生まれたパンダの名前には皆、白浜の『浜』の字が入れられており、名前で見分けることができます。

頻繁に赤ちゃんが産まれていますが、現在も2020年11月に誕生した『楓浜(ふうひん)』という赤ちゃんパンダが公開されており、親子で仲良く過ごす様子を見ることができます。

アドベンチャーワールドの公式YouTubeでは、毎日パンダの最新情報の動画を見ることができます。

飼育員の中谷さんに甘えるパンダたちが、めちゃくちゃかわいいです。

アドベンチャーワールドのパンダの中国返還はいつ?

可愛らしい姿を私たちに見せてくれるアドベンチャーワールドのパンダですが、実は所有権は中国にあり、中国からの要請があれば返還しなければいけません。

子パンダも同様で、生後24か月で中国に返還するという決まりになっています。

とは言え、メスのパンダは日本に残っているものもいるので、全てを返還しているワケもはなさそうです。

オスのパンダは中国に帰ってしまうようなので、パンダを中国で繁殖させたいということなのかもしれないですね。

アドベンチャーワールドのパンダのグッズは?

可愛いパンダを思う存分楽しんだ後は、思い出にパンダグッズが欲しくなりますね。

アドベンチャーワールド内にはいくつかのショップがあり、ぬいぐるみをはじめとする様々なパンダグッズを買うことができます。

お土産づくりが上手いアドベンチャーワールドでは、魅力的なパンダグッズが多すぎて、買いすぎてしまったという声も・・・。

そこで、いくつかパンダグッズを紹介しますね。

パンダのグラス

パンダのグラスは、牛乳が苦手な子供にもおすすめです。

値段は1個980円ですが、セットで何個か揃えてしまいたくなる可愛さですね!

パンダのクッキー

このパンダのクッキーも立体的でかわいらしいですね。

会社へのお土産にもぴったりです。

パンダの文房具

アドベンチャーワールドには、ペンや付箋など、文房具のパンダグッズもたくさん揃っています。

このマスキングテープ、遊び心があっていいですね。

大人も使えそうなものもいっぱいです。

その他にも、時期によってはコウペンちゃんとコラボした商品があります。

ショップによって購入できるグッズが異なるので、どのショップもしっかりお土産チェックしたいですね。

なかなかアドベンチャーワールドには行けないけど、パンダ沼にはまっていてパンダグッズが欲しいという方は、オンラインショップもあるので利用してみてください。⇒オンラインショップはコチラ

アドベンチャーワールドのアクセスや駐車場

アドベンチャーワールドは大阪から車で約2時間。

阪和自動車道の南紀白浜IC下車約10分です。

ICを降りると、看板が多数でているので迷わずいけるはずです。

GWや特にお盆などの夏休みシーズンはICを降りたあたりから混雑し、入口に向けて続く上り坂で長い時は1時間くらいかかることがあります。

施設内で快適に遊ぶことを考えると開園前に到着しておくか、繁忙期を避けて来園することをおすすめします。

駐車場は非常に広大なので、そこまでたどり着けば車を止められないということはよほどなことがない限りはないでしょう。

ですが、オープンと同時にどんどん埋まっていくので夏季シーズンはなるべく早く行った方がいいです。

私は車以外は利用したことがないですが、車以外では高速バス、特急くろしお、飛行機が利用できます。

南紀白浜空港への飛行機の便数は少ないですが、空港からはバスでたったの5分。

選択肢が多いので遠方からでも意外とアクセスはいいと思います。

  • 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
  • 電話番号:0570-06-4481
  • 営業時間:10:00~17:00(夏休みや大型連休の夜間特別営業の日は10:00~20:30)
  • 定休日:不定休(水曜日が多いです。)

さいごに

アドベンチャーワールドのパンダ見学は予約なしでも見れるのが嬉しいですね。

数では日本一の7頭ものパンダが暮らしていて、その様子を見るだけでも癒されるスポットです。

パンダ肉まんやパンダアイスなど、フードメニューもパンダだらけで楽しいです。

かわいい楓浜が中国に返還される前にぜひ見に行ってくださいね!

施設内では、他にもサファリワールドやイルカショー、ポニーの乗馬体験など様々なことを体験できますので、ぜひ次の旅行の候補として入れてみてはいかがでしょうか。

素敵な思い出ができること間違いなしですよ。

タイトルとURLをコピーしました