観光農園花ひろばひまわり畑の見頃の時期はインスタ映えする絶景! | おでかけスポット見つけた!

観光農園花ひろばひまわり畑の見頃の時期はインスタ映えする絶景!

スポンサーリンク
観光農園花ひろばひまわり畑の見頃の時期はインスタ映えする絶景!

愛知県南知多町にある『観光農園花ひろば』は一年中いろいろな花が咲いている花畑です。

菜の花やネモフィラ、コスモス・・・などありますが、特に有名なのが 常時15万本も咲いているひまわり。

エリアごとに咲く時期が調整されているので、長い期間ひまわりを楽しむことができます。

見渡す限り黄色い絨毯のようなひまわり畑は『南知多の美瑛・富良野』とも言われていて、まるで映画のワンシーンのよう。

インスタ映え間違いなしですよ!

そこで今回は、観光農園花ひろばのひまわり畑の見頃の時期や入場料の割引、ひまわりの摘み取りのポイントなどについてもお伝えしますね。

スポンサーリンク

観光農園花ひろばのひまわり畑の見ごろの時期

観光農園花ひろばのひまわり畑は、12個のエリアごとに咲く時期が調整されているので、6月~12月というとっても長い間ひまわりを楽しむことができます。

常時15万本ものひまわりが、こんなに長く見れる場所は他にはないのではないでしょうか。

ひまわりと言えば夏のイメージがありますが、猛暑の時期はあまりおすすめではありません。

というのも、日照りの日が続くとひまわりの元気がなくなって下を向いてしまいますし、観光農園花ひろばは日陰や休憩する場所がほとんどないからです。

夏に行くのであれば、日傘や帽子、ペットボトル、水筒などは必須で、それでもダラダラと汗がでてくるので、女性の方はメイクが落ちてしまいます。

それでもやっぱり、ひまわりは夏に見たくなりますよね。

そんな時は、できるだけ曇りの日、気温が低い朝いちばんに行った方がいいですね。

私のおすすめは、初夏かちょっと涼しくなってきた秋口です。

気温にもよりますがタイミングが合えば、ひまわりとコスモスを同時に見ることができるかも知れません。

ひまわりなどの開花状況は、観光農園花ひろばの公式ホームページのブログ(開花日記)で見ることができます。 ⇒ 観光農園花ひろばの開花日記

台風などで花が倒れてしまっていることもあるので、ちゃんと確認して行った方が楽しめますよ。

ひまわり畑には、朝礼台のようなちょっと高台になったところが数か所あるので、そこから全体の写真を撮ってみてください。

土日は撮影のために行列ができていますが、ファインダーの画面いっぱいにひまわりが広がり、圧巻の写真が撮れます。

インスタ映えするので、コスプレを楽しんでいる方も多いんですよ。(機材持ち込みOK!予約不要)

また、犬などのペットも一緒に入園できるので、お散歩にも最適です。

ちょっと足場が悪いところもあるので足元はスニーカーで、虫も多いので、虫よけも持参で行ってみてくださいね。

観光農園花ひろばの入場料や割引クーポン

観光農園花ひろばの入場料は下記のとおりです。

  • 大人(中学生以上) 700円
  • 子供(小学生以上) 350円
  • 未就学児 無料

メロン狩りやイチゴ狩りなどの果物狩りと一緒だと100円引きになります。

また、JAF会員証を受付に提示すると、会員のみ100円引きになります。

あとで述べますが、観光農園花ひろばでは摘み取った花を持ち帰ることができるので、お花代と思えばそれほど高くないと思います。

他にも、ひまわりの種やキャベツ一玉お土産で貰えることも・・・お土産があるかないかはわかりませんが、貰えたらラッキーですね。

入場料や果物狩りは、カードやPaypayなどのQRコード決済もOKです。

観光農園花ひろばでは花の摘み取りができる

観光農園花ひろばの中に入ると、お花をカットするハサミを貸してくれます。

時期によって、本数や摘み採りができる花の種類は違いますが、自分で自由にお花を選んで持って帰ることができるのです。

他ではあまりできない体験で嬉しいですよね。

ついついきれいに咲いているひまわりを持って帰りたくなりますが、できればまだ開ききっていないひまわりを選ぶのがポイントです。

虫がついていることもあるので、しっかり見てから選んでください。

摘み採った花は、帰る時に新聞紙に包むことができ、花の水揚げの方法などの紙も用意されてあるので、その通りにするとしっかりお花が生き返りますよ。

自宅に帰ってからも、季節を感じることができるのがいいですね。

11月下旬くらいからは、食用の菜の花の詰め放題もあり、2月までが一番美味しい時期のようなので、それも気になります。

観光農園花ひろばでは果物狩り体験もできる

観光農園花ひろばでは、いろいろな果物狩りも体験できます。

入園料とセットだと100円引きになりますよ。

  • ブルーベリー狩り 6月~8月
  • メロン狩り 7月~8月
  • いちご狩り 12月~5月

時期によっては、珍しいキャベツ狩りや食用菜の花狩りが行われていることもあります。

果物狩りの予約はネット受付の他、電話でもOKです。(電話番号:0569-65-2432)

他にも、スイカや新鮮野菜の直売は、安くて美味しいと評判です。

特にスイカは、売り切れの場合もあるので、お早めにどうぞ。

観光農園花ひろばのアクセスや駐車場

観光農園花ひろばへアクセスは、電車などの公共交通機関ではちょっと不便なので、車が便利です。

名古屋から知多半島道路を通って約50分ほどのところにあり、最寄りの『豊丘IC』からもすぐ近くです。

名古屋市内からだと、思い立った時に遊びに行ける距離ですね。

広い無料駐車場が完備されています。

  • 住所:愛知県知多郡南知多町豊丘高見台48
  • 電話番号:0569-65-2432
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 休園日:1月1・2・3日

 

さいごに

観光農園花ひろばでは6月~12月もの間、ひまわりを楽しむことができます。

太陽に向かって咲いているひまわりを見ると元気が貰えますよね!

ひまわりの見頃の時期が長く、お花摘みや果物狩りも楽しめるので、季節を変えて何度でも訪れたくなる場所です。

ランチは、フードコートもありますが、海を眺めながらお弁当を食べたり、豊浜周辺で食べるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました