ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!お土産や営業時間・駐車場情報も! | おでかけスポット見つけた!

ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!お土産や営業時間・駐車場情報も!

ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!お土産や営業時間・駐車場情報も!
スポンサーリンク

高知の観光と言えば必ず上位にくるのが『ひろめ市場』です。

市場と名前がついている通り、施設内では高知の名物料理を食べることができたり、様々なお土産の販売を行っています。

他にも海外料理・精肉店、鮮魚店など飲食に関わるお店から、雑貨・洋服などを売っているお店を合わせて全60店以上が集まっていて、1998年に誕生して以来、今でも賑わう高知の中心的な市場です。

そこで今回は『ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!お土産や営業時間・駐車場情報も!』と題してお伝えしますね!

スポンサーリンク

ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!

ひろめ市場の楽しみ方と言えば、やっぱりグルメ!

まずは飲食店で高知の名物を自分の舌で確かめてみましょう。

ひろめ市場には、それぞれのお店の専用テーブルというものがありません。

施設内に約500席ほど机と椅子が設置されており、それぞれ好きなお店で注文し持ち寄って食べるというシステムになります。

食器などは『食器センター』でスタッフの方が回収してくれるので、分からなければお店の人に聞けば教えてくれますよ!

ここで気になってくるのが、値段相場とどんなものが食べられるか、どんなものが売っているかですよね。

全店舗の紹介は難しいですが、おすすめの店をいくつかご紹介します。

(※消費税増税にともない、値段が若干変更しているかも知れませんのでご了承ください)

ひろめ市場の地元民おすすめNo.1 屋台餃子『安兵衛』

ひろめ市場には、高知の地元民が愛してやまない屋台餃子があるのはご存知ですか?

実は私もどうしても食べたくなる事があり買いに行くことがあるんです。

行列に並ぶのが嫌いな高知県民が並んででも食べたいという創業45年の名物餃子です。

値段は、7個入り450円。

餃子の白い皮と焼き目の想像をする方もいますが、ここの餃子は丸ごとキツネ色。

どこをかじっても皮がパリパリのカリカリで、中から肉汁がじゅわっと溢れてきます。

火傷にはご注意です。

このお店は注文受けてから手包みして焼いてくれるので、少し時間がかかりますがおすすめの逸品ですよ。

カツオのたたきのおすすめは『明神丸』

高知と言えば『カツオのたたき』ですね!

観光客の方は高知のカツオを食べるとおいしくてびっくりするという話を良く聞きますが、明神丸では、焼きたての『藁焼きたたき』を堪能できるお店です。

『高知家の食卓』県民総選挙の高知市エリア第1位を受賞していますよ。

人気のメニューはもちろん『藁焼きたたき』

値段は、5切れ700円・7切れ900円・10切れ1200円で、塩かタレかを選べます。

当日わら焼きしたたたきと薬味がセットになった、持ち帰りメニューもあります。

発砲スチロールに入っているので5時間くらいは持ち歩きOKで、日保ちは翌日までです。

楽天通販でも購入することができますよ!

新鮮な魚が味わえる『鰹処 ぼっちり』

カツオ以外にも高知のお魚を楽しみたいという方にはこちらのお店がおすすめです。

季節の新鮮なお魚を味わえます。

お店の方に「今一番おいしい魚はどれですか?」と聞けば快く教えてくれますよ!

『ぼっちり』の人気No.1メニューは『ちりめん丼とたたきのセット(780円)』

これだけでもお腹いっぱいになりそうですね!

鯨料理なら鯨専門店『千松』

高知の名物『鯨』料理もいかがでしょう?

ちょっと好き嫌いが分かれる人もいるので、お店で1人前頼むのはちょっと勇気が出ない…という方でもひろめ市場なら少しの量を皆でシェアすることも可能です。

味にハマると、もったりとした舌ざわりと、風味が癖になるという方もいますよ。

おすすめは『鯨赤肉刺身(1000円)』

他にも、鯨のベーコン、野菜炒め、ステーキなども楽しめます。


上記でご紹介したお店以外にも、ピザやパスタなど洋食や、インド料理を振舞うお店もあります。

中にはスイーツ店もあるので甘いものも楽しめますよ!

ひろめ市場のおすすめお土産は?

では、お腹もいっぱいになって来たので、そろそろお土産を覗いてみましょう!

元祖芋ケンピ 黒潮物産

店内に存在感満点にそびえ立っている『ケンピタワー』が目印のお店!

地元のおやつとして老若男女問わず愛されている芋ケンピですが、このお店にはチョコレート味やキャラメル味などオリジナルのフレーバーもあるので、人と差のつくお土産を選ぶことができます。

他にも塩干商品やクジラの切り身なども売っています。

どんな風に調理したらいいのか、おすすめの食べ方などはぜひお店の方に聞いてみてくださいね。

  • 芋けんぴ…1袋350円、3袋で1000円
  • クジラ刺身…100g 650円
  • クジラベーコンブロック…100g 1600円
  • うつぼ(唐揚げ用)…1400円

こうて屋

高知の魚の美味しさに驚く方も多いんですが、野菜もおいしい!という方も結構多いんです。

あと安い!とにかく安い!

高知名産の野菜や果物を買いたいという方はこちらのお店がおすすめです。

高知の名産ショウガや文旦、山北みかん、その他お野菜も沢山売っていますよ。

お値段は時期や収穫量にもよりますので、現地で確認してみてくださいね。

ひろめ市場の営業時間やおすすめの時間帯は?

ひろめ市場の営業時間は?

ひろめ市場の営業時間は下記のとおりです。

  • 平日・土・祝日 8:00~23:00
  • 日曜 7:00~23:00

日曜日にはひろめ市場に隣接する追手筋という通りで『日曜市』も開催されるため、営業時間が1時間早くなっています。

出店も出るので一層にぎやかになり、人通りも多くなります。

ひろめ市場の混雑状況やおすすめの時間帯は?

ひろめ市場は地元民も多く利用していることから、結構人気なんです。

ちょっと休憩に利用しようと思って中に入ったら凄い人でびっくりした!なんて声も良く聞きます。

長期休暇時期と、土日祝日はかなり人が多いと覚悟しておいた方が良いでしょう。

それこそ人を避けながら進まなくてはいけないなんて事も大いにあります。

ひろめ市場は、特に夜にかけて人が多い時間となっていますので、確実に席に座りたいのであれば、昼前の時間帯がおすすめ。

また、夕方の早い時間帯17:00~18:00ぐらいであれば席の確保ができると思います。

ひろめ市場のアクセスや駐車場は?

ひろめ市場のアクセスは?

車で行く場合

高知空港より30分・高知ICより車で15分・ JR高知駅より車で5分

路面電車で行く場合

『大橋通』下車後、アーケード内をまっすぐ北へ徒歩2分(一本道なので迷うことはありません)

  • 住所 高知県高知市帯屋町2丁目3-1
  • 電話番号 088-822-5287

ひろめ市場の駐車場は?

ひろめ市場は、2階と3階が駐車場になっています。

飲食したり、お土産を購入したりすると、2時間まで無料になりますので、駐車券を忘れずに持って行ってくださいね。

  • 料金 最初の60分300円・以降60分毎に200円追加(20時~翌朝8時までは最大料金400円)
  • 割引サービス 1店舗2000円以上利用で1時間無料・全店舗で合計2時間まで無料
  • 駐車台数 188台

土日祝日は駐車場が混雑することがありますが、近隣にコインパークがたくさんありますので、そちらを利用してみてくださいね。

さいごに

今回は『ひろめ市場の地元民おすすめは餃子とカツオ!お土産や営業時間・駐車場情報も!』と題してお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

高知の雰囲気を感じたい方は、ぜひひろめ市場に行ってみてください。

おいしい食事と、高知県民の人懐っこい人柄を感じることができますよ。

帯屋町のアーケード内にある施設になるので、帯屋町のお店も見れますし、お土産もたくさん買えるのでとってもオススメな観光スポットです。

タイトルとURLをコピーしました