弘前さくらまつり2021の日程や見頃は?ハートの桜の場所はどこ? | おでかけスポット見つけた!

弘前さくらまつり2021の日程や見頃は?ハートの桜の場所はどこ?

スポンサーリンク
弘前さくらまつり2021の日程や見頃は?ハートの桜の場所はどこ?

弘前公園は、日本三大夜桜のひとつでもあり、一度は見に行きたいと言われる桜の名所です。

ちょうど桜の見ごろの時期には『弘前さくらまつり』も開催されます。

ライトアップされた幻想的な桜もきれいですが、最近は、桜がハートのフレームのように見えるスポットや、花びらが絨毯のようにお濠を埋め尽くす花筏(はないかだ)も話題となっています。

2020年はちょうど100回を迎える記念の年でしたが、コロナの影響で中止になりました。

しかし、2021年は開催の予定となっていますので、楽しみですね。

そこで今回は、弘前さくらまつりの日程や見頃の時期、最近SNSで話題になっているハートの桜の場所などについてお伝えします。

スポンサーリンク

弘前さくらまつりの日程や入場料金

弘前さくらまつりの日程

弘前さくらまつりは、ちょうど桜の見頃を迎える毎年4月23日~5月5日の日程で開催されますが、桜の開花状況次第で少し早まったり延びたりすることがあります。

ちなみに2019年は4月20日~5月6日まで行われました。

青森の桜の開花時期は他の地域に比べて遅く、ちょうどGWと重なる時期なので、たくさんの人が訪れます。

さくらまつり期間中は、子供も参加できるクイズ大会やラジオ番組など、いろいろなイベントがやっていて、盛り上がっています。

弘前さくらまつりの入場料金

弘前さくらまつりでは祭りの期間中、弘前城本丸・北の郭と弘前城植物園が有料となります。

弘前城本丸・北の郭弘前城植物園共通券
大人320円320円520円
小中学生100円100円160円

なお、共通券は、弘前城本丸・北の郭と弘前城植物園の他、藤田記念庭園にも入園することができます。

時間があるのであれば、共通券を買ってのんびり散策するのがおすすめです。

かなり広いので、ぶらっと1周するだけで、所要時間は2時間以上かかります。

弘前公園の桜の見頃の時期

弘前公園の桜の見ごろの時期は、4月の下旬頃です。

満開になるのは、4月22日~4月27日あたりと、ゴールデンウィークのちょっと前の時期が多いです。

2020年は、4月に入って急激に寒くなったので、珍しくゴールデンウィークに満開を迎えました。

ただ、弘前公園は桜の種類が多いので、長い間桜を楽しむことができますし、桜が散ってしまった後お堀には桜の花びらの絨毯(花筏)ができるので、そちらもおすすめです。

弘前公園のハートの桜の場所はどこ?

弘前公園には、SNSで話題になっているハートのスポットがあります。

空を見上げると、桜の花びらがちょうどハートのフレームのようになっていてとってもかわいいんですよ。

ハートの桜の場所は、下乗橋を渡って南内門の横の開けた所にあります。

切り株に「ここからハートが見えるよ!」という目印がありますし、さくらまつりの頃には、たくさんの人だかりができているのですぐにわかると思いますよ。

とってもかわいいので、写真に収めたいですよね!

ぜひ、探してみてくださいね。

弘前さくらまつりのライトアップの時間

弘前さくらまつりの期間中、日没~23:00までの間、毎日ライトアップが行われていて、幻想的な夜桜を楽しむことができます。

西濠の春陽橋から見るライトアップは、とても綺麗で大人気スポットです。

春陽橋から桜のトンネルを通って反対側、西濠のボート乗り場からのライトアップもおすすめです。

ライトアップされている弘前城内やお濠の桜も昼とは違う妖艶な美しさで、昼から夜にかけて長時間いても飽きることがありません。

桜の季節の青森は、日中は暖かく上着が必要ない日もあるのですが、夕方から一気に冷え込んできます。

夜桜を楽しむ方や朝の弘前公園を散策される方は、上着のご用意をしていってくださいね。

弘前さくらまつりの見どころや楽しみ方は?

弘前さくらまつりでのお花見は、ハートの桜やライトアップのほかにも、他の桜まつりとは違った楽しみ方ができるので、いくつか紹介していきますね。

ピンクの絨毯のような花筏(はないかだ)

弘前公園には三重のお濠があり、そのお濠が桜の花びらで埋め尽くされる光景は、まさに絶景です。

一度、自分の目で確かめて欲しいくらい、本当に綺麗です。

昼もきれいですが、夜のライトアップされた様子も幻想的です。

西濠ではボートに乗って、花筏を見ることもできます。

ボートの時間は9:00~17:00で3名まで乗ることができ、料金は60分1,000円です。

桜吹雪の中ボートを漕ぐのは、とっても贅沢なものだなーとしみじみしてしまいます。

値段も手ごろなので、ぜひ、ボートからのお花見も楽しんでみてくださいね。

52種類もの桜を見ることができる

弘前公園は東京ドーム約10個分の広さがあり、52種類、約2,600本もの桜を見ることができます。

おそらくこんなにたくさんの桜を見れるところはないのではないでしょうか。

ソメイヨシノだけではなく、城内の八重桜、枝垂れ桜、どれもこれも本当に美しいです。

弘前公園の桜は、1つの花芽にいくつもの花が咲くものもあり、豪華に見えるんですよね。

三の丸には『日本最古のソメイヨシノ』もありますので、探してみてください。

観光ボランティアさんのガイドを頼める

さくらまつり期間中は、観光ボランティアさんが弘前の桜のことや歴史のことを説明してくれます。

予約なしでもOKで無料なので、公園入口(追手門・東門)でぜひ申込してみてくださいね!

より一層、弘前城や弘前公園の理解が深まって、桜祭りが楽しめると思いますよ。

また、車いすの貸し出しやボランティアさんが車椅子を押しての公園を案内してくれます。

高齢者や体の不自由な方なども、さくらまつりを楽めるような配慮も嬉しいですよね。

車椅子って結構押すのに体力がいるので、なかなか外に連れていってあげれないという方も、ぜひこの機会にお花見を楽しみましょう。

有料の桟敷席で

弘前公園南内門の近くにできる有料の『特設桟敷席』では、 津軽三味線やの生演奏を聴きながら、お弁当やスイーツを楽しむことができます。

屋根がついているので、雨の日でも大丈夫ですよ。

予約は、弘前観光コンベンション協会(電話番号:0172-35-3131)で行っていますので、気になる方は問合せしてみてください。

弘前さくらまつりの出店の時間やおすすめは?

弘前さくらまつりには、物産館や武徳殿のほか、約200店もの出店や屋台が並びます。

出店の営業時間は、9:00~21:00です。

ライトアップは23:00までですが、出店は21:00までなので、夜桜を見に行く方は気をつけてくださいね。

名物の黒こんにゃく、津軽そば、生姜味噌おでん、からあげ、綿あめなどなど、本当美味しいものばかりでした。

黒こんにゃくは、行列に並ばないとダメなくらい人気ですが、100円と値段も安いし、絶品なのでおすすめです。

他にも、お化け屋敷やバイクサーカス、ゲームセンターなどもあるので、桜を見ながら遊べて最高です。

弘前さくらまつりの混雑状況

弘前さくらまつりは、毎年300万人近くの来場者数があるのですが、弘前城内も弘前公園も大変広く、整備されているので、それほど混雑を感じることはありませんでした。

私は子供を連れてバギーを押しながらでしたが、全くストレスなく堪能できました。

地元の方たちが結構早く来ていたようで場所取りされていたところもあり、「なかなかスペースが見つからないかな?」と思いながら10時頃に行きましたが、思ったよりもいい場所が取れました。

桜の真下じゃないとダメというわけでなければスペース充分ありますよ。

弘前城と弘前公園のアクセスや駐車場

電車でのアクセス

弘前さくらまつりの期間中、最寄りの『JR弘前駅』から弘前公園まで、100円の循環バスが出ています。

10分~15分間隔なのでとても便利なのですが、時間が10:00~20:00までなので、ライトアップに行かれる方はバスの時間に注意してください。

弘前公園からJR弘前駅までは、歩くと約20分ほどです。

車でのアクセスや駐車場

さくらまつりの時期は、弘前公園周辺は大変渋滞しますし、交通規制もあるので、車でのアクセスはあまりおすすめではありません。

東北自動車道『大鰐IC』から、国道7号線を通って、スムーズにいって30分くらいです。

無料の駐車場も2ヶ所(富士見橋臨時無料駐車場・岩木橋臨時無料駐車場)ありますが、早い時間に埋まってしまいます。

無料駐車場から弘前さくらまつりの会場まで、シャトルバスはなく、徒歩20分ほどかかります。

周辺の有料駐車場では『ねぷた村駐車場』か『弘前市役所駐車場』は、台数も比較的多く、近いのでおすすめです。

また、弘前駅周辺にはたくさん駐車場があるので、弘前駅周辺に停めて、100円の循環バスに乗るか、徒歩で行くのもありだと思います。

私は近くのデパートの駐車場に入れて15分歩きました。

地元の方に聞いたら、周辺ホテルに前泊して弘前駅から循環バスに乗ってくる方が多いということでした。

もちろんお城の側のホテルに宿泊して歩いて来ている方もいるようですが、だいぶ前から予約をしないといけないようです。

  • 住所:青森県弘前市下白銀町1
  • 電話番号:0172-33-8733

さいごに

弘前さくらまつりは、見ごたえがあり、数ある桜祭りの中でも、日本一の集客をするのも納得です。

弘前公園では、例年、4月の下旬に桜が満開の時期を迎えますが、桜が散った後の『花筏』も、本当に綺麗なのでおすすめです。

ハートの桜を探してみたり、弘前城の天守閣と夜桜のライトアップのコラボを楽しんでみたり、出店で美味しいものを食べたり・・・いろいろな楽しみ方ができる弘前さくらまつり。

歩きやすい靴で、防寒対策もしっかりして行ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました