国営ひたち海浜公園ネモフィラ2021の見ごろの時期や混雑状況は? | おでかけスポット見つけた!

国営ひたち海浜公園ネモフィラ2021の見ごろの時期や混雑状況は?

スポンサーリンク
国営ひたち海浜公園ネモフィラの見ごろの時期や混雑状況は?

茨城県ひたちなか市にある『国営ひたち海浜公園』は、四季を通じて、いろいろな花を楽しめる公園です。

特に有名なのが、ゴールデンウィーク頃に見ごろを迎える約530万本の『ネモフィラ』

小さな青い花と青空のコントラストはとても幻想的で、『一生に一度は見たい絶景』とSNSで話題となり、毎年たくさんの人が訪れます。

そこで今回は、国営ひたち海浜公園のネモフィラの見ごろの時期や混雑状況についてお伝えします。

スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園のネモフィラの見ごろはいつ?

国営ひたち海浜公園のネモフィラの見ごろの時期は、だいたい、4月中旬~5月上旬です。

ちょうど、ゴールデンウィークの時期になりますね。

ただ、温暖化の影響で、少し時期がずれることもあり、5月の初旬に行ったら終わりがけだった・・・という年もあるようです。

公式ホームページのTwitterで毎日の開花状況が出ているので、『絶対に満開のネモフィラを見たい!』という方は、チェックするといいでしょう。

私のおすすめは、ゴールデンウィークの1週間くらい前、4月20日頃です。

この時期のネモフィラは、ゴールデンウィーク前で人に踏まれていることもないのできれいな状態です。

ネモフィラだけではなく、チューリップや菜の花も見ごろなので、綺麗に咲いています。

特にチューリップはかなり見ごたえがあり、評判もいいので、ぜひ見て帰ってくださいね。

国営ひたち海浜公園のネモフィラ時期の混雑状況は?

国営ひたち海浜公園は、普段はゆったりとした感じの公園なのですが、ネモフィラの時期は、周辺道路や駐車場は相当混雑するので、覚悟して行ってください。

でも、本当に綺麗なので、混雑していても行く価値はあるんじゃないかと思います。

平日行けるのであれば平日の方がいいですが、それでも混雑しています。

休日は、本当に早く行かないと、高速の出口で2時間、駐車場で2時間・・・みたいな待ち時間になります。

ちなみに、ネモフィラの時期は休園日はありません。

通常の開園時間は9:30~ですが、ネモフィラの時期は早期開園の日もあるので、注意してくださいね。⇒ 開園時間の確認はコチラ

また、秋のコキアの時期には、2020年はコロナの影響での休日は予約制になっていたので、春のネモフィラの時期も予約制になる可能性があります。

では、今から、道路の迂回情報や駐車場、入園チケット購入時の混雑状況などをお伝えしますね。

車でのアクセスは、ひとつ先のインターまで行くのがおすすめ

車で行く場合には、周辺の道路は混雑するので、早めに行動した方がいいでしょう。

開園1時間前には、現地に到着するように行くのをおすすめします。

最寄りの高速IC『ひたち海浜公園IC』の出口付近が渋滞している時には、ひとつ先の『常陸那珂港IC』まで行って、戻ってきた方がスムーズに駐車できます。

『常陸那珂港IC』まで行っても、『ひたち海浜公園IC』から『常陸那珂港IC』までは、無料区間なので料金は同じです。

付近の高速道路のサービスエリアでも渋滞がおきて、トイレに行くのも一苦労なので、小さい子供がいる場合には、携帯トイレがあると便利ですよ。

朝が早いので、遠方から行く場合には、近くに宿泊する人も多いです。

勝田駅あたりのホテルは、この時期、ネモフィラを見に行く人で埋まっています。

駐車場は海側の南口が穴場!

道路だけではなく、駐車場待ちにも時間がかかります。

駐車場は3ヶ所あり、もともと広いのですが、ネモフィラの時期には臨時駐車場も用意されます。(普通車1日520円)

ネモフィラを見ることができる『みはらしの丘』に行く時には、西口の駐車場を使う方が多いと思うのですが、海側の南口の駐車場の方が穴場です。

南口の駐車場は、西口の駐車場に比べて停めれる台数は少ないですが、『常陸那珂港IC』から近いので比較的渋滞に巻き込まれませんし、『みはらしの丘』にも近いのです。

帰る時間も少し早めでないと、駐車場から出るだけでもかなりの時間がかかるので、注意してください。

17:00が閉園なので、その前の16:00くらいから一気に帰る方が増えてきます。

電車やバスのアクセスや混雑状況は?

電車で行く場合にも混雑しますので、あらかじめ往復券を購入しておくか、勝田駅に到着してから帰りの切符を先に購入しておく方がいいでしょう。

勝田駅から国営ひたち海浜公園までのアクセスは、2種類あります。

勝田駅では、ネモフィラの時期には、乗車券と入園券がセットになったものや、シーサイドトレイン・プレジャーガーデンの乗り物とセットになったお得な割引券が発売されています。

しかも、現地で入園券を買うのに並ばず、スムーズに入場できるので、公共交通機関で行く際には、ぜひ利用してみてください。

内容については、毎年、細かく変わりますので、詳細は茨城交通ひたちなか海浜鉄道の公式サイトでご確認ください。

勝田駅からバスに乗る場合

勝田駅から国営ひたち海浜公園西口への臨時バスが出ていて、約20分くらいで着きます。

阿字ヶ浦駅からバスに乗る場合

勝田駅からひたちなか海浜鉄道に乗り換え、阿字ヶ浦駅で下車後、臨時の『ネモフィラシャトルバス』が運行されています。

勝田駅から阿字ヶ浦駅までは、約30分。

それから『ネモフィラシャトルバス』で、国営ひたち海浜公園海浜口まで約10分かかります。

勝田駅からの臨時バスより所要時間はかかりますが、電車の到着を待ってシャトルバスが運行するのですぐにバスに乗ることができ、ネモフィラの咲く『みはらしの丘』に近い海浜口で下車できます。

バスツアーで行く場合

さまざまな旅行会社から、ネモフィラを見に行くバスツアーが開催されています。

周辺のいろいろな観光スポットにも案内してくれるので、バスツアーも人気です。

入場チケット購入時の混雑状況は?

国営ひたち海浜公園には、前売り券がありません。

なので、ここでも並ぶことになるのですが、駐車場待ちに時間がかかりそうであれば、待っている間に運転手以外が入場チケットを購入しに行くと時間のロスが減ります。

電車で行く場合には『勝田駅』と『那珂湊駅』で、電車のチケットと入園券がセットになったものが販売されているので購入しておいた方がいいでしょう。

ちなみに、入園券はネモフィラやコキアの見ごろの時期は、サービス向上のためイベント料金250円が追加されます。

  • 大人(通常料金)450円 ⇒ イベント時料金 700円
  • シルバー(通常料金)210円 ⇒ イベント時料金 460円

追加料金とはいえ、国営公園なのでお手頃な料金ですね。

中学生以下は無料です。

人のいない写真を撮るなら朝一番で!

国営ひたち海浜公園には、530万本ものネモフィラが敷き詰めれているので、インスタ映えする素敵な写真を撮ることができます。

晴れた日には、ネモフィラの淡いブルーと空のブルーが交わって、本当に綺麗なんですよね。

ただ、『アリの行列』のように人が集まってくるので、丘全体の写真を撮ろうとすると、人が映り込まない写真を撮るのは、ほぼ無理です。

どうしても撮りたいのであれば、入園前から並んで、入園と同時にダッシュしましょう。

園内の移動はレンタサイクルがおすすめ

国営ひたち海浜公園は、東京ディズニーランドの約7倍もの敷地があり、みどころもたくさんあるので、1日でまわりきれないくらい広いです。

園内にシャトルバス(シーサイドトレイン)も走っていますが、いろんなスポットを自由に動き回りたいのであれば、移動はレンタサイクルがおすすめです。

サイクリングロードもあって、とても気持ちがいいですよ。

レンタサイクルは3時間450円(子供250円)で、こちらも開園と同時に借りた方がいいでしょう。

最初に自転車を借りれないと、返却待ちに1時間なんてこともあります。

自転車は持ち込みもOK。

勝田駅の近辺には、1日1,000円前後の料金で自転車を貸してくれるところがいくつかあります。

自転車だと、勝田駅から国営ひたち海浜公園までは、約20分くらいで着くので、のんびり自転車で行って、そのまま自転車を持ち込むのもおすすめです。

トイレの混雑状況は?

ネモフィラの時期には仮設トイレもありますが、かなり順番待ちしている時もあります。

特に小さな子供連れの場合には「トイレの時は早めに言ってね。」と声かけしておくか、人の少ないときを見計らって定期的にトイレに連れて行った方がいいでしょう。

水分も少し控えめの方がいいかもしれません。

飲食店のはオーダーストップの時間に注意!

ネモフィラの見ごろの時期には、期間限定で『青いネモフィラカレー』が販売され、お土産用のレトルトもあります。

柔らかな茨城の銘柄豚ローズポークが入っており、びっくりするような見た目に反して、味はいたって普通ですが、ベロや唇が真っ青に染まってしまいます。

他にもラムネ味の『ネモフィラソフト』もあります。

この2つは、国営ひたち海浜公園でははずせないメニューですね!

お昼のランチの時間帯は人が多いので、時間をずらす方もいると思いますが、飲食店は閉園の1時間15分前にオーダーストップのところが多いので、注意が必要です。

『ネモフィラの風』という人気のお饅頭やどら焼き、お茶、タオルなど、かわいいお土産やグッズがありますが、閉園前にはお土産屋さんのレジが一気に混みだします。

気に入ったものを見つけた時にはすぐ買っておいた方がいいでしょう。

自動販売機の飲み物も売り切れの場合があるので、1本くらいは予備にペットボトルを持っていた方がいいかもしれませんね。

さいごに

青い花でぎっしりと埋め尽くされた丘は圧巻で、思わずため息が漏れてしまうほど、感動すること間違いなしです。

ネモフィラの見頃の時期は混雑しますが、なるべくピークの時間帯を避けるように、行くのも帰るのも早め早めに行動すると、じゅうぶん楽しむことができますよ。

園内はとても広く、みはらしエリア、砂丘エリア、遊園地エリアなどがあり、観覧車から見るネモフィラもおすすめです。

Twitterの開花状況などを参考にして、ネモフィラの見頃の時期に、履きなれた靴で、ぜひ一度行ってみてください。

  • 住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 電話番号:029-265-9001
タイトルとURLをコピーしました