石見銀山の駐車場やシャトルバス情報!見どころや観光にかかる所要時間は? | おでかけスポット見つけた!

石見銀山の駐車場やシャトルバス情報!見どころや観光にかかる所要時間は?

スポンサーリンク
石見銀山の駐車場やシャトルバス情報!見どころや観光にかかる所要時間は?

石見銀山(いわみぎんざん)は、日本最大級の大きさを誇る銀山です。

2007年には鉱山遺跡としてアジア初の世界遺産に登録されて、大きな話題になりました。(※現在は廃鉱になっています。)

『石見銀山は何県にあるの?』という声も多いので、あまり知られていないようですが、島根県大田市にあります。

島根県の観光スポットと言えば、出雲大社のイメージがある方も多いでしょう。

しかし、石見銀山も当時の採掘坑道である間歩(まぶ)を見られる場所があったりと、歴史を直に感じられ、貴重な経験ができるおすすめの場所です。

そんな石見銀山の駐車場やシャトルバス情報、観光にかかる所要時間や見どころについてもお伝えします。

スポンサーリンク

石見銀山の駐車場やシャトルバス情報

石見銀山では、歩いている人の安全確保や交通渋滞防止などのために、車の通行を禁止している所があり、観光案内所のある石見銀山公園までしか入ることができません。

車で来た人は、まず駐車場に停める必要があります。

駐車場からメインの石見銀山エリアまでは広範囲にわたり、有料のシャトルバスかレンタサイクル、徒歩での移動となります。

駐車場について

石見銀山公園の周辺駐車場については、石見銀山駐車場(世界遺産センター駐車場)と石見銀山公園駐車場、大森代官所跡駐車場などがあります。

特に石見銀山駐車場は第1駐車場~第3駐車場まであり、収容台数は約400台です。

どの駐車場も予約することはできませんが、無料で利用することができます。

石見銀山駐車場は台数が多いため、ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑する期間でも、安心して停める事ができますよ。

石見銀山公園駐車場は約40台、大森代官所跡駐車場は約20台の車を停める事が可能で、こちらも使えます。

シャトルバスについて

シャトルバス(有料)は石見銀山駐車場バス停と大森バス停、大森代官所跡バス停の3ヶ所の間を走っています。

短時間で移動できるため観光する時に便利で、より気軽に石見銀山周辺を楽しめます。

しかし、シャトルバスの本数が多いわけではなく、1つ乗り過ごすと数十分待たなければいけない場合もあるため、事前に発車時間を確認しておきましょう。

レンタサイクルについて

石見銀山には、石見銀山河村レンタサイクルと貸自転車弥七の2つのレンタサイクルがあります。

普通自転車は3時間まで500円、延長30分まで100円、電動アシスト自転車は2時間まで700円、延長30分まで200円の料金で借りることができ、石見銀山周辺を颯爽と移動できます。

私はレンタサイクルを利用したのですが、時間をかけずに回れるため助かりました。

龍源寺間歩までは坂が多いので、電動アシスト自転車をおすすめします。

石見銀山の見どころ

石見銀山には大小合わせて600以上の間歩があり、現在その中で見られる場所は『龍源寺間歩』だけになっています。

間歩内は当時のまま状態がよく残されていて、それが世界遺産の理由のひとつになったとも言われています。

非常に長い上に壁面には手で掘られた跡が残っていて、見応えがあります。

ひんやりとしていて少し肌寒い所もありますが、夏など暑い日には丁度良く気持ちいいですよ。

世界遺産に登録された時と比べると、最近では観光客が減少傾向にありますが、混雑していない分ゆったりと見られるのもいいですね。

細かい所まで見ると新たな発見もあり、面白いです。

石見銀山に初めて訪れる人は『石見銀山世界遺産センター』に行くのもおすすめです。

センター内では歴史や鉱山技術など石見銀山に関するさまざまな物を展示していて、石見銀山がどういう所かを学べます。

中には展示物の撮影OKの場所や30kgの銀塊の持ち上げの体験をできる場所もあるので、興味がある人は是非スマートフォンで撮ったり持ち上げたりしてみて下さい。

また、プレミアム丁銀づくりや丁銀ストラップづくりなどの体験も行っています。

有料ですが、家族や友達などと楽しく会話をしながら作る事ができ、石見銀山観光の良い思い出の品にもなります。⇒体験メニューはコチラ

石見銀山の観光にかかる所要時間

石見銀山の観光は、銀山エリアやそれによって栄えた古い町並みや街道など、とても広範囲になります。

また、シャトルバスか自転車か徒歩かによっても、観光ににかかる所要時間はかなり変わってきます。

私の一番のおすすめの回り方は、『石見銀山世界遺産センター』で基本的な知識を身につけてから、『龍源寺間歩』に行き、カフェやランチを楽しみながら街並みの散策といったコースです。

石見銀山世界遺産センターが約30分、龍源寺間歩まで行くのと見学を合わせて約2時間、街並みをゆっくり見てまわるのに約1時間30分として、所要時間は約4時間くらいです。

電動のレンタサイクルを利用すると、時間を短縮できますよ。

また、石見銀山には、わかりやすく説明してくれるいろいろなガイドツアーがあるので、時間のある方はぜひ参加をおすすめします。⇒石見銀山ガイドツアーの詳細はコチラ

まとめ

世界遺産の石見銀山は、駐車場からシャトルバスやレンタサイクルで移動するのが便利です。

所要時間を半日ほど見ていたら、周辺の穏やかな雰囲気の街並みものんびりと観光できます。

「つまらない」「がっかりだ」・・・などの辛口の感想があったりもしますが、島根在住の私は、出雲大社など他の観光スポットに負けない程の魅力があると思っています。

気になる方はぜひ足を運んでみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました