掛川花鳥園でハシビロコウに会える!滞在時間や見どころ・料金の割引クーポンは? | おでかけスポット見つけた!

掛川花鳥園でハシビロコウに会える!滞在時間や見どころ・料金の割引クーポンは?

スポンサーリンク
掛川花鳥園はハシビロコウに会える!滞在時間や見どころ・料金の割引クーポンは?

静岡県掛川市にある『掛川花鳥園』は、鳥とたくさん触れ合うことのできるテーマパークです。

大きな温室になっているので、雨の日でもOK!

私はこの掛川花鳥園には何度も足を運んでいるのですが、とっても楽しいです。

様々な種類の鳥が大集結していて、実際に触ったり、餌をあげたりすることができ、鳥好きにはもちろん、そんなに鳥に興味がない人にもおすすめです。

日本ではたった7ヶ所でしか飼育していない『ハシビロコウ』にも会うことができますよ。

そこで今回は、掛川花鳥園の滞在時間や見どころ、入園料金や割引クーポン、食事についてもお伝えしますね。

スポンサーリンク

掛川花鳥園の滞在時間や見どころは?

掛川花鳥園は鳥の餌やりやショーなどが多いので、滞在時間は短くても2~3時間は必要です。

中で食事をすることもできるので、ゆっくりすれば1日中過ごすことができます。

ショーなどのイベントは予約が必要なものもあるので、早めに入場して、その日のイベントを確認しましょう。

大人気のハシビロコウのほかにも、フクロウ・ミミズク・エミュー・ペンギン・白鳥など・・・本当にたくさんの種類の鳥がいます。

これから、掛川花鳥園の見どころや楽しみ方など、行ってみようと思っている方におすすめの情報をお届けしますね。

ハシビロコウのふたばちゃん

一番の目玉は、ハシビロコウのコーナーは、いつも人だかりができています。

名前は『ふたばちゃん』と言います。

ふたばちゃんは、写真集も出したことがある超人気者のハシビロコウで、他にもぬいぐるみやキーホルダー、マスク、ラーメンなどオリジナルのグッズがたくさんあるので、お土産にもぴったりです。

買い忘れたときには、通販もありますよ。

ハシビロコウは動かないといわれていますが・・・ふたばちゃんは、私が見に行くたびによく動いてくれます。(笑)

掛川花鳥園では、このハシビロコウをとっても近い距離から見ることができるので、じっくり観察してみてくださいね。

ちなみに飼育員のお兄さんもイケメンと評判です。

鳥たちへの餌やり体験

掛川花鳥園では、インコだけではなくオオハシ、フラミンゴ、白鳥、ペンギン、カモなど様々な鳥に餌をあげることができます。

とっても人に慣れているので、餌を持っていると、肩や腕、手のひらなどに乗ってくるんですよ。

最初はちょっと怖いかも知れませんが、子供たちも大喜び!

同じ種類の鳥でも鳥によって性格もさまざまで、大人もかなり楽しめます。

エサは大体100円で買うことができるので、100円玉は多めに用意して行った方がいいです。(※ピラルクとペリカンは200円です)

もう、100円玉を取り出しただけで、鳥が寄ってきます。(笑)

6枚綴りで500円のお得なチケットも販売しています。

餌をやっているとすぐに500円くらいは使ってしまいますので、餌やりを満喫したいのであれば、このチケットがおすすめです。

特にペンギンの餌やりは人気があるので、早めに予約カードをとっておいた方がいいでしょう。

ペンギンの餌やりはペンギンがバチャバチャするので、水がかかることがありますし、他の鳥の餌やりでも汚れることがあるので、着替えやタオルを持って行っておくと安心です。

服の素材によっては、鳥の爪で穴があいたりしますし、キラキラのアクセサリーも突かれたりするので、おしゃれじゃない服装で行ってくださいね。

また、餌やりは、午後からになると、おなか一杯になって食いつきが悪くなってくるので、なるべく早い時間がおすすめです。

大迫力のバードショー

タカやワシ、フクロウなど猛禽類による大迫力のバードショーも、掛川花鳥園の魅力のひとつです。

1日何回か開催されているのですが、その迫力がとにかくスゴイ!

観客席の上スレスレで飛んでくる鳥がいたり、餌がどこにあるかを当てるゲームをしていたり、鳥ってこんなに頭がいいんだ?!と、思わずびっくりして見入ってしまいますよ。

中でも日本で数羽しかいない『ヘビクイワシ』のショーは見ものです。

カメラ好きの方は、一眼レフカメラを持って行くといい写真が撮れると思います。

ペンギンやフクロウとの写真撮影

掛川花鳥園では、ペンギンやフクロウと写真撮影もできます。

ペンギンは500円、フクロウは200円の有料イベントで、ペンギンとの写真撮影は小学生未満の子供はできません。

写真撮影は人数限定で、入園券のほかに整理券が必要なので、朝一番にもらうようにしましょう。

ペンギンやフクロウと写真が撮れる機会ってそんなにないので、とてもいい思い出になると思います。

歩き疲れたらドクターフィッシュもおすすめ

歩き疲れたら、ドクターフィッシュに足の角質を食べてもらって、まったりするのもいいですよ。

時間制限はなく、1回400円です。

最初は笑い転げるほどくすぐったいのですが、慣れてくるとクセになること間違いなしです。

紙タオルをくれるので、タオルを持って行ってなくてもOKです。

掛川花鳥園には、他にも魚も何種類かいて、世界最大級の淡水魚『ピラルクー』にも餌をあげることもできます。

いつ行っても花がきれい

掛川花鳥園は『花鳥園』という名前の通り、鳥だけでなく、いつ行っても花がたくさん咲いています。

受付を終えて中に入っていくと、天井から綺麗な花が吊るされており、花のいい香りを感じることができます。

広いスペース全体に花がある景色はとても心地がいいですよ。

そのまま奥に進んでいくと、スイレンの花や葉が浮いている池のようなものもあり、珍しい花を見ることもできます。

掛川花鳥園の入園料金の割引やクーポンは?

掛川花鳥園の入園料金は下記の通りで、半日~1日リーズナブルに遊べます。

  • 大人(中学生以上)1300円
  • 小学生      600円
  • 幼児       無料
  • シニア(60歳以上)1000円

年間パスポートもあり4回でもとが取れるので、近くの人がとっても羨ましいです。

さらに、『JAFの会員カード』か『しずおか子育て優待カード(アプリ)』の提示で、大人100円引き・子供50円引きになります。

持っている方は、忘れないように提示してくださいね。

掛川花鳥園に食事できる場所はある?

掛川花鳥園には、園内にバイキングレストラン『フローラ』と、軽食を食べることができる『ハナハナ』というカフェがあります。

バイキングレストラン『フローラ』では、大人1,300円・小学生750円・幼児(3歳以上)500円というお手頃な料金で、バイキングを楽しむことができます。(※コロナの影響で休止中です)

頭上にはたくさんの花があり、なんとも優雅です。

バイキングっは、カレーや鶏唐揚げ、スパゲッティー、サラダ、スイーツなど30種類以上。

子供の喜ぶメニューが多い印象です。

一方、カフェ『ハナハナ』では、フクロウのポポちゃんアイスやロールケーキ、インコ肉まんなど、かわいいメニューがいっぱい。

お弁当の持ち込みもOKの食事スペースには、ベビーチェア・電子レンジ・キッズスペースなどがあります。

館内はバリアフリーで、ベビーカーの貸出もあるので、子供連れでも安心です。

再入場ができるので、外で食べてくることもできます。

周辺には、静岡名物のハンバーグやさん『さわやか掛川インター店』があるので、こちらもおすすめです。

炭火焼レストランさわやかのハンバーグの予約や持ち帰りはできる?
静岡県の『炭火焼レストランさわやか』はランチの時間には平日でも行列を作るほどの人気っぷりです。今回は『炭火焼レストランさわやかのハンバーグの予約や持ち帰りはできる?』と題して、待ち時間やおすすめメニューについてもお伝えしていきますね!

掛川花鳥園のアクセスや駐車場は?

車の場合は、東名高速道路『掛川IC』より、約5分ほどで着きます。

普通車400台、無料で停めることができる駐車場があり、混雑時は臨時駐車場もありますので、停めれないことはないです。

電車の場合は、最寄りのJR『掛川駅』から約800mなので徒歩で約20分、タクシーだと3分くらいなので1,000円もかかりません。

駅からバスで行く場合には、1時間に1本程度なので、帰りもバス利用の方は時間を確認しておきましょう。

  • 住所:静岡県掛川市南西郷1517
  • 電話番号:0537-62-6363
  • 営業時間:平日9:00~16:30・土日祝日9:00~17:00(最終入場は30分前まで・GW、お盆、年末年始は土日祝日の営業時間です)
  • 休館日:年中無休(※コロナの影響で当面の間土日祝日営業のみです)

さいごに

掛川花鳥園は、珍しい鳥とたくさん触れ合える最高のスポットです。

普段できない貴重な体験をすることができますし、かわいい鳥を見ていると、とっても癒されますよ。

見どころもたっぷりなので、ゆっくり1日楽しむことができます。

料金はもともとリーズナブルですが、『JAFの会員カード』か『しずおか子育て優待カード(アプリ)』を持っている方は割引になりますので、忘れずに提示してくださいね。

子供の自然な感じの写真が撮れるので、カメラやビデオも必ず持参で行きましょう。

普段の動物園や水族館に飽きてしまった方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました