糸島またいちの塩プリンの値段や賞味期限は?販売店や駐車場情報も! | おでかけスポット見つけた!

糸島またいちの塩プリンの値段や賞味期限は?販売店や駐車場情報も!

スポンサーリンク
糸島またいちの塩プリンの値段や賞味期限は?販売店や駐車場情報も!

またいちの塩プリンを食べに製塩所『工房とったん』に行ってきました。

私は福岡在住ですが、糸島にこんないいところがあったんだ!ってのが、正直な感想です。

きれいな海を見ながら、塩プリンを食べていると、まるで離島のカフェに来ているような感覚になります。

そんな製塩所『工房とったん』は、糸島で人気の観光スポットとなっていて、私が行った時は平日にもかかわらず行列ができていました。

そこで今回は、またいちの塩プリンの値段や賞味期限、販売店、いつも混雑している駐車場などについても詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

またいちの塩プリンの値段や賞味期限は?

またいちの塩プリンの値段

またいちの塩製塩所『工房とったん』では、3種類の塩プリンが売っていて値段は下記の通りです。

  • 花塩プリン(プレーン) 400円
  • 焦がし塩キャラメル 450円
  • 花塩チョコプリン(冬季限定) 500円

400円の値段はプリン1個の値段としてはちょっと高めですが、海を眺めて、自然を感じながら食べるプリンは格別です。

糸島のカフェに入ったと思えば、安いかな~。と思います。

購入したプリンは、注文した後、カウンターで受け取ります。

糸島 またいちの塩プリン 

海を望むベンチや木製のブランコ、ハンモックなど、思い思いの場所で食べることができます。

糸島 またいちの塩プリン 海

ツリーハウスのような小屋の上にも上がることができます。

糸島 またいちの塩プリン 

糸島の海は、本当に綺麗でした!

糸島 またいちの塩プリン 海

私が行った時は、平日の13時過ぎですが、平日にも関わらずプリン売り場には行列ができていました。

『salt』と書いてあるプリンの瓶や木のスプーンもかわいいくって、インスタ映え間違いなしです!

プレーンにはカラメルと塩、焦がしキャラメルには塩、チョコにはナッツと塩がついてきます。

またいちの塩プリン 糸島 チョコ プレーン 焦がしキャラメル

花塩プリンの食べ方は、はじめはそのままで一口。

粗塩がついてくるので、少しずつ調整しながら、塩を振りかけます。

またいちの塩プリン 糸島

とっても滑らかで濃厚なプリンは、塩をかけるとまろやかな甘さが引き立って更に美味しくなります。

一気にかけると、しょっぱすぎるので注意です。

焦がしキャラメルはほろ苦くて大人な味、チョコは子供が喜んで食べていました。

塩釜ゆで卵(100円)も食べてみましたが、ん~、これは普通のゆで卵でした。(笑)

他にも、焼塩やハーブ塩などを使ったポテトなどの軽食や、塩ジンジャーなどの飲み物もあります。

値段のところの『円⇒塩』になっているのはご愛敬でしょうか。

またいちの塩プリン 糸島 工房とったん メニュー

横のショップでは、いろいろな種類の塩やTシャツなどが販売してあります。

またいちの塩プリン 糸島 おにぎり

またいちの塩プリン 糸島 おにぎり

店頭には、400円のガチャガチャがあり、1等は塩プリン5個!

ハズレは缶バッジですが、塩プリン5個は惹かれますね。

またいちの塩プリン 糸島 ガチャガチャ

ちなみに、ショップではpaypayなどの電子マネーが使えましたが、プリン売り場では使えませんでした。

またいちの塩プリンの賞味期限

またいちの塩プリンは、お持ち帰りしている人も多いです。

私も、美味しかったのでお土産に買って帰りましたが、気になるのは、やっぱり賞味期限ですね。

またいちの塩プリンの賞味期限は、プレーン > 焦がしキャラメル > チョコ の順番になっています。

一番賞味期限が長いプレーンで、3月17日購入したら3月25日までと、8日間ありました。

チョコは3月19日までと、わずか2日間しかなかったので、注意してくださいね。

プレーンだと、日保ちするので、お土産にもおすすめです。

テイクアウトすると、保冷剤代+梱包代として、1~2個だと+50円、3個以上だと+100円かかります。

スプーンはついていないので、必要であれば、カウンターのところから自分で取るようにしてくださいね。

またいちの塩プリンは売り切れ必至!

その日の塩プリンの在庫状況にもよりますが、またいちの塩プリンは売り切れになることがあります。

私たちが行った日も、購入直後に『焦がしキャラメル味』が売りきれていました。

ギリギリセーフ!

平日でこの感じなので、土日は完売するのも早そうです。

夕日がきれいな場所なので眺めたい気もしますが、塩プリン目当てであれば、早い時間に行くのをおすすめします。

またいちの塩プリンの販売店や通販は?

またいちの塩プリンの販売店

またいちの塩プリンは下記で購入することができます。

新三郎商店とゴハンヤ『イタル』、sumicafeの3店舗は同じ敷地内にあるので、実質2ヶ所ですね。

  • 製塩所『工房とったん』
  • 新三郎商店
  • ゴハンヤ『イタル』
  • sumicafe(スミカフェ)

新三郎商店には、調味料や器の他にも、工房とったんにはない塩プリンがあることもあるので、行ったときにあったらラッキーですよ!

ゴハンヤ『イタル』もまたいちの塩を使った、美味しいおにぎりや定食を食べることができる人気店です。

また、新三郎商店は、工房とったんよりは、車や電車でも行きやすい場所になっています。

『JR筑前前原駅』南口からタクシーで約10分程度です。

  • 住所:糸島市本1454
  • 電話番号:092-330-8732

またいちの塩プリンの通販はある?

またいちの塩プリンは、公式サイトで通販がある他、糸島市のふるさと納税の返礼品としても購入することができます。

ふるさと納税では、実質負担額2,000円で6個の塩プリンが入っているので、お得ですね。

楽天でも取り扱いがあります。

またいちの塩製塩所『工房とったん』では塩作りが見れる!

またいちの塩製塩所『工房とったん』では、塩づくりも見ることができます。

竹を使った巨大な立体式の田塩は、迫力満点です。

田塩の他にも塩釜など、あまり見る機会がないので、いい勉強になりました。

サーモスの全国CMでは、ここがロケ地となっています。

まいたちの塩製塩所『工房とったん』のアクセスや駐車場

まいたちの塩製塩所『工房とったん』のアクセス

まいたちの塩製塩所『工房とったん』のアクセスは、だいたい博多駅や天神など、福岡市の中心部から車で1時間ほど。

晴れた日には、ちょうどいいくらいの距離のドライブになりますね。

車で15分くらいのところには、芥屋の大門などの観光地もあります。

牡蠣小屋が立ち並ぶ『志岐漁港』から更に海岸線を5分ほど奥に進んでいったところにあります。

志岐漁港から先はどんどん道が細くなっていくので、車の離合には注意するようにしてくださいね。

お昼ごはんに牡蠣小屋行って、そのままデザートに塩プリンを食べにくる人が多く、牡蠣小屋が営業している10月~3月までは特に混雑しているそうです。

まいたちの塩製塩所『工房とったん』の駐車場

まいたちの塩製塩所『工房とったん』には、12台くらい停めることができる駐車場があります。

平日は無料ですが、土日祝日は300円です。

私は、平日の13時頃行ったのですが、14時くらいに帰る頃には車が10台待ちくらいになっていました。

平日でこの多さ・・・休日は恐ろしいですね。

駐車場には、警備の方がいらっしゃいますので、指示に従って停めるようにしましょう。

すぐ横にも、漁港の有料駐車場(300円)がありますので、平日で車が多い場合や、日祝日はそちらを利用した方がいいかも知れませんね。

駐車場からは、舗装されていない道を5分ほど歩くので、スニーカーのような歩きやすい靴がおすすめです。

工房とったんに着くと、視界が開けます。

またいちの塩プリン 糸島 工房とったん

足が不自由な方や妊婦さんなどは、警備員さんの了承を得て『工房とったん』まで乗り入れも可能なようです。

なお、駐車場のところにしかトイレがないのでないので、済ませてから行くといいでしょう。

トイレは和式なので、子供は多目的トイレを利用するといいですよ。

  • 住所:福岡県糸島市志摩芥屋3757
  • 電話番号:092-330-8732
  • 営業時間:10:00~17:00(フードメニューは11:00~16:30)
  • 定休日:不定休

さいごに

またいちの塩プリンは、プレーンが400円とちょっと値段が高めですが、『工房とったん』では海を眺めながらのんびりとデザートタイムを過ごすことができます。

晴れた日は、とにかくロケーションが最高で癒されます。

賞味期限も結構長いので、お持ち帰りもおすすめですよ。

私も、また糸島へのドライブがてら、美味しい塩プリンを食べに行きたいなぁ。と思っています。

休日は行列は間違いないので、時間をずらしたり、平日行くなどして混雑を避け、ぜひ絶品塩プリンを食べに行ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました