道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気! | おでかけスポット見つけた!

道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!

道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!
スポンサーリンク

福岡県宗像市にある『道の駅むなかた』は、売上高日本一になったこともあり、九州の中でも1・2を争う道の駅で、TVや雑誌でもよく取り上げられています。

海産物や野菜が新鮮で評判もよく、毎日、開店前から多くの人が行列に並んでいて、累計来場者数はなんと1500万人を超えているんですよ。

地元のお土産も揃っていて、土日は楽しいイベントも多いおすすめの道の駅です。

そこで今回は『道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!』と題して、ご当地ソフトクリームや、アクセス・駐車場についてもお伝えしますね!

スポンサーリンク

道の駅むなかたの人気のお土産は?

『道の駅むなかた』は、もともと地元のお土産をたくさん置いていたのですが、2018年に『宗像観光おみやげ館』がオープンして、更に品ぞろえがよくなりました。

世界遺産である宗像・沖ノ島関連のものもありますよ。

お菓子は惜しみなく試食が置いてあるので、実際に美味しいと思ったものを購入できるのもいいですよね。

『道の駅むなかた』と『宗像観光おみやげ館』の人気の商品をいくつか紹介していきますね!

一部の商品は、公式HPでネット通販をおこなっています。

あかもく

『道の駅むなかた』でNo.1の人気商品は『あかもく』です。

聞いたことがない方も多いと思いますが『あかもく』は粘りのある海藻で、ご飯に乗せて食べたり、うどんやみそ汁に入れたり、納豆と和えたりと、使い勝手の良い食材です。

食物繊維が豊富で美容にもいいんですよ!

100g250円くらいで冷凍して売っています。

地島の塩わかめ

地島のわかめは皇室に献上されているほど立派で、香りもいいし、歯ごたえも抜群です!

塩漬けしたものが300g700円で売っていますよ。

宗像限定ポテトチップス

  • むなかた牛ステーキ味 300円
  • 湖池屋 宗像焼のり醤油 140円

『宗像焼のり醤油』の方は値段も安くて美味しいので、バラマキ土産にもおすすめ!

箱買いしている人も多かったですよ。

宗像限定めんべい

言わずと知れた福岡の人気お菓子『めんべい』には、その土地その土地で限定品があり、味比べをするのも楽しいです。

宗像市には『わかめんべい』『あなごめんべい』があります。

『道の駅むなかた』では、結構大きめに割っためんべいの試食もできますよ。

もちパイ

大福を丸ごと生地で包んだ『もちパイ』は、『道の駅むなかた』の中でも人気の高いお菓子です。

外はサクサク・中はもちもちで一度食べるとはまりますよ!

賞味期限は5日ですので、お土産にもいいですね。

鎮国饅頭

宗像市にあるの住職さんが名づけた、シナモンとバターの風味の一口サイズのお饅頭です。

1つ100円弱と手頃な値段で、いろいろなサイズの箱詰めがあり、賞味期限は製造日から10日間です。

『鎮国寺』は『道の駅むなかた』から車で10分ほどの場所にあり、宗像大社から徒歩20分ほどで行くこともできます。

四季折々の花や紅葉が綺麗なお寺ですので、あわせて行ってみてはいかがでしょうか?


ナカマル醤油

『ナカマル醤油』は、江戸時代から続く老舗の醤油屋さんです。

ほんのり甘くてとろみのあるパンかけ醤油やヨーグルト用醤油・パスタかけ醤油・カルパッチョかけ醤油などなど、珍しい醤油がたくさんあるのでお土産にもいいですね。

ちなみに、私のお気に入りは普通の卵かけごはんがワンランク上になる『たまごかけ醤油』です。

車で5分ほどの『ナカマル醤油醸造元』に行くと、もっとたくさんの種類の醤油がありますし、贈答用の箱詰めもしてくれますよ。


博多びーどろ粋工房のガラス細工

『粋工房』は『道の駅むなかた』を出て、左折してまっすぐ北に車で10分ほどのところにあるガラス細工の工房です。

『道の駅むなかた』にはあまり品数はありませんが、工房にいけばたくさん作品がありますよ。

器やアクセサリーの他にも、ガラスでできた『兜』や『お雛様』もありとっても素敵です。

わが家も玄関に兜を飾っています。


あまおういちご大福

大粒の『あまおう』を使用した『いちご大福』は、4月頃~6月頃の限定販売です。

この時期になると、『道の駅むなかた』の中は、いちごのいい匂いでいっぱいになります。

甘夏ゼリー

温暖な気候の大島で育った甘夏は美味しく、島に買いに行く人がいるほど人気です。

その甘夏も4月頃~7月頃に『道の駅むなかた』に出荷されますが、見た目もかわいらしい『甘夏ゼリー』もとってもおすすめです。

すっぴん塩サイダー

地元大島の塩を使ったサイダーは、甘さ控えめでスッキリとした味です。(1本200円です)

道の駅むなかたの魚介類や野菜のおすすめ食材は?

『道の駅むなかた』の魚貝類や野菜は鮮度が高くおすすめです。

いろんな食材の旬の時期をカレンダーにしたものがありますので、参考にしてみてくださいね!

道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!

珍しい食材も多いですが、美味しい調理方法の紙がたくさんぶらさがっていますし、店員さんに聞いても親切に教えてくれますよ。

『道の駅むなかた』では、クレジットカードが利用できますし、貝類以外は全国に配送もOKです。

鮮度抜群の魚貝類!

『道の駅むなかた』の近くの『鐘崎・大島・地島・神湊』と4つの漁港から直送された魚貝類が一番おすすめです!

魚の鮮度を保つためにとれてすぐに『活〆・神経抜き・野〆』などきっちりしてあるので、とっても美味しいんですよね。

いいものを買おうと開店前から多くの人が並んでいますので、朝一番に行くのがおすすめです。

ヤリイカが有名ですが最近は不漁らしく、私が行った日には開店後10分で売り切れてしまっていました。

魚の入荷量は海の状況次第で多い日と少ない日があるので、『道の駅むなかた』に行く前日や当日の天候が悪かったらあまり期待しない方がいいかも知れません。

魚は2~3枚おろしと腹だし(1パック3尾入りまで)はプラス100円になります。

保冷バッグも売っていますが、行かれる際には、保冷バッグかクーラーボックスを持って行くのをおすすめします。

レジの出口で、氷を2袋もらうことができますよ。

今回は、『さざえ』を買ってみました!

サイズによっても値段が違いますが、私が購入したものは10個入りで値段は1000円。

1個100円なんて、安いですよね!

割と大きくて、調理する直前まで生きていたので、お刺身で食べてもOKな鮮度でした。

フライパンに水を入れて蒸し焼きにして食べましたが、プリプリして美味しかったですよ!

バーベキューもいいでしょうね。

大きな干物や瓶詰ウニ、福岡ならではの明太子や地島産の『おきうと』などもおすすめです。

珍しい野菜が多い!

『道の駅むなかた』は、定番の野菜はもちろん、見たこともないような野菜が置いてあることも多いです。

今回は『花おくら・おかわかめ・龍髭菜』という珍しい野菜も買ってきました!

道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!

野菜コーナーにはレシピもたくさん置いてありますので、それを見ながら珍しい野菜を選ぶのも楽しいですよ。

年間6万食も販売するという『黒豆もやし』は細いですが、しゃきしゃきした食感が癖になります。

今回は購入していませんが、同じ種類の果物でも品種がいろいろ揃っています。

お弁当やお惣菜の種類が豊富!

『道の駅むなかた』では、お弁当やお惣菜の種類も豊富です。

特に炊き込みご飯の種類が多くて、私が行った日には『鯛飯・あなご飯・ふぐ飯・たこ飯・じゃこ飯・かに飯・サバ飯・ホタテ飯・栗飯・・・』などが並んでいました。

どれにしようか迷ってしまいますよね。

他にも、地元の蒲鉾屋さん『筑前蒲鉾』と『松円蒲鉾』の天ぷら(1パック300円)もたくさんの種類があり、よく売れていましたよ。

スイーツだと、ロールケーキもおすすめです。

道の駅むなかたのランチはレストランはまゆうの海鮮丼がおすすめ!

『道の駅むなかた』にはおふくろ食堂『はまゆう』というレストランがあります。

営業時間は11:00~16:00(オーダーストップは15:30)ですが、11時前には食堂の前に行列ができています。

好きなおかずをトレーにのせて定食のように組み合わせるシステムで、いろいろな地元漁師料理が堪能できるのですが、メインは鯛・ブリ・いくらがたっぷり乗った『海鮮丼(1300円)』が人気です。


特製のゴマだれに漬け込まれた『鯛茶漬け』もおすすめですね。

あとは道路を挟んで真向かいにある飲食店でメニューは卵かけごはんのみ!の『ポッポハウスひろちゃん』も美味しいですよ。

宗像産の卵は美味しいので、ぜひ買って帰ってくださいね!(道の駅にも売ってます)

道の駅むなかたのご当地ソフトクリームの販売は2か所!

『道の駅むなかた』には、ソフトクリームのお店が2ヶ所あります。

どちらも350円で、ここでしか食べることのできない味もありますよ。

おもてなしのみせ『孝行や』(おみやげ館横)

  • 博多あまおういちご
  • 小国ジャージーミルク
  • 玄海の塩
  • 八女玉露
  • 玉露ミルクミックス

『孝行や』では、うっすら青い『玄海の塩』味のソフトクリームがおすすめです。

少し前にテレビで紹介された時には、行列ができていたようですよ。

正助ふるさと村 宗像や

  • 宗像ミルク
  • 大島あまなつ
  • 大島あまなつミルク
  • 正助農園ブルーベリー
  • 博多あまおう
  • ミックスベリー

『正助ふるさと村』での人気商品は『大島あまなつ』味のソフトクリームとむなかた牛を使ったコロッケ(150円)です。

すぐ横に、『姫の穂』という宗像・福津産の米粉を利用したパン工房があります。

もちもちした食感で値段もお手頃で、ここのシフォンケーキにソフトクリームをつけて食べると美味しいです!

15:30までイートインもできますし、お店のすぐ裏は『釣川』ちょっと歩けば海にも着きますので、外で食べるのもおすすめですよ。

また、この建物の2階には授乳室もあります。

道の駅むなかたの営業時間や定休日は?

  • 営業時間 9:00~17:00(10月~5月)・8:30~17:00(6月~9月)
  • 定休日 第4月曜日(祝日の場合は翌日)・8月15日~17日・12月31日~1月5日

魚貝類や野菜・果物は11:00頃に行くと売り切れている場合も多いので、できれば開店と同時に行くのをおすすめします。

行く時期によって営業時間が違うので、注意してくださいね。

お盆や年末年始はお休みなので、お買い物は早めにどうぞ!

道の駅むなかたのアクセスや駐車場は?

  • 住所 福岡県宗像市江口1172番地
  • 電話番号 0940-62-2715

車で行く場合のアクセスや駐車場は?

  • 福岡方面から 高速九州自動車道『古賀IC』下車後 約30分
  • 北九州方面から 高速九州自動車道『若宮IC』下車後 約30分

駐車場は拡張されたので現在は第5駐車場まであり、約500台無料(観光バスなど大型25台)で停めることができます。

土日の午前中やイベント開催時には混雑することも多いですが、回転もいいのでそんなに待たずに入ることができますよ。

また、ここの駐車場は夜も電気がついたままで、トイレも24時間利用可能なので『車中泊』ができる駐車場としても人気です。

JRで行く場合のアクセスは?

JR『東郷駅』下車後、西鉄バス『神湊波止場行き』に乗って『牟田尻バス停』下車後 徒歩15分

1日3便のみ『道の駅むなかた』にも停まるバスもありますが、午前中のみです。

帰りのバスの時刻も早めに終わるので、きちんと確認しておきましょう。

タクシーだと『東郷駅』から約2500円くらいかかります。

バスで行く場合のアクセスは?

天神からであれば、『天神日銀前』より特急バス『むなかた号』が出ていてとても便利ですよ。

『中州』や『蔵本』のバス停からも乗ることができ、『宗像大社前』にも停車します。

所要時間は約60分で料金は1000円です。

行き

天神日銀前発

平日 9:00
10:00
11:00
土日祝日 7:50
9:00
10:00
11:00
12:00
帰り

道の駅むなかた発

平日 11:30
12:30
13:30
土日祝日 11:30
12:30
13:40
14:30
15:20

※バスの時刻表・料金は変更になることがあります。

さいごに

今回は『道の駅むなかたのお土産やおすすめ食材は?ランチは海鮮丼が人気!』と題してお送りしましたが、いかがだったでしょうか?

『道の駅むなかた』は、美味しいものがたくさんありますので、ぜひ早めの時間に行ってみて下さいね!

周辺には、『北斗の水くみ海浜公園』は遠浅で海水浴や潮干狩りなども楽しめ、海岸線に5キロ以上黒松並木が続く『さつき松原』の景色も見事です。

車で5分ほどのところには世界遺産にもなった『宗像大社辺津宮』や花の綺麗な『鎮国寺』もあります。

『道の駅むなかた』には『エコバイク』というレンタサイクルもありますので、いろんなスポットをまわってみたり、海岸沿いをサイクリングするのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました