三室戸寺あじさい園2021の見頃の時期やライトアップの時間は? | おでかけスポット見つけた!

三室戸寺あじさい園2021の見頃の時期やライトアップの時間は?

スポンサーリンク
三室戸寺あじさい園2021の見頃の時期やライトアップの時間は?

京都宇治にある『三室戸寺』は、約2万株のいろとりどりの紫陽花が咲く『あじさい寺』として知られていて、6月には大勢の人が訪れます。

50種類もの紫陽花が咲いているので、「紫陽花ってこんなに種類があったんだ?」と、びっくりしてしまいます。

そんな三室戸寺のあじさい園の見頃の時期やライトアップ、ハートの紫陽花やあじさいパフェなど見どころもご紹介しますね。

スポンサーリンク

三室戸寺あじさい園の見頃の時期は?

2021年の三室戸寺あじさい園の開園時期や時間は下記のとおりです。

  • 期間:2021年6月1日(火)~7月11日(日)
  • 時間:8:30~16:30(※16:30に閉門してしまいます)
  • 料金:大人800円・小人(3歳以上)400円

見頃の時期は、例年、6月中旬~下旬にかけてです。

ちょうど目の高さくらいの紫陽花は、色とりどりで花びらの形も様々。

高低差もあるので上から見下ろすこともでき、紫陽花を存分に楽しむことができます。

色々なコースがあるので、20分くらいで足早に見ることもできますし、じっくり1時間くらいかけて散策するのもいいですね。

6月末くらいになると紫陽花は満開の時期を過ぎて、少し色が変わってしまうことが多いですが、蓮園が開園されるので、運がよければ、紫陽花と蓮の花を同時に見ることができますよ。

紫陽花の見頃の時期になると、土日はもちろん、平日も大勢の人が訪れます。

人が多くなりすぎると写真を撮るのも一苦労なので、できれば平日か朝早くがいいですね。

雨の雫のついた紫陽花もまた風情があるので、あえて人の少なそうな天気の悪い日を狙って行くのもおすすめです。

雨の日や雨のあとは少し滑りやすいので、気をつけてくださいね。

お寺内の動線が少しわかりにくく、人の波に沿って進んで行くと、あじさい園から出ただけのつもりが、お寺からもでてしまうことがあります。

一度外に出てしまうと、お寺に参拝するには再度入場料が必要になってしまうので、お寺も参拝したい場合には、よく地図を見て、お寺から出ないようにしてくださいね。

また、あじさい園内にはトイレがないので、トイレを済ませてからあじさい園に入るようにしましょう。

三室戸寺あじさい園のライトアップの日程は?

三室戸寺あじさい園では、下記の日程で紫陽花のライトアップも行っています。

ライトに照らされる幻想的な紫陽花も人気で、開園時間前から受付には行列ができています。

  • 期間:2021年6月12日~6月27日の土日曜日のみ
  • 時間:19:00~21:00(20:30受付終了)
  • 料金:大人800円・小人(3歳以上)400円

昼間とは入れ替え制となっているので、昼間とライトアップの両方を見たいのであれば、2回料金がかかってしまいます。

また、ライトアップ時は、お寺に参拝することはできず、あじさい園のみの入園になります。(あじさい園にある『花の茶屋』は開いています)

19:30くらいが日没時刻ですが、夕焼けに照らされる紫陽花もきれいなので、行くのであれば、19:00から入園してゆっくり楽しむのがおすすめです。

虫が多いので、虫よけスプレーを忘れずに!

三室戸寺あじさい園の見どころ

ハートの紫陽花を探そう!

三室戸寺あじさい園は『ハートの紫陽花』が多く、見つけると幸せになると言われています。

花の重みで少し垂れ下がった紫陽花がハートの形に見えるので、いつも同じ場所にある訳じゃないんですよ。

ハートの紫陽花は、探せば結構見つかるので、Twitterには1日で5つも見つけたという人も!

ちょっと下向きに咲いている紫陽花を探すのがポイントです。

写真を撮っている人も多いので、人だかりができていたら、ハートの紫陽花があるかも知れません。

あじさい園を散策しながら、ハートの紫陽花を探すのもまた楽しいです。

期間限定のあじさいパフェを食べよう

期間限定のあじさいパフェは、あじさい園の中にある『花の茶屋』と、近くにある有名店『伊藤久右衛門京都本店』でも食べることができます。

どちらのお店も、あじさいらしい涼し気なパフェですよ。

あじさい園にある『花の茶屋』は、あじさい園の期間中はずっと営業していて、アップライトの時も開いています。

あじさいパフェのほかにも、あじさい氷や茶そばとかやくご飯のセット、お抹茶などいろいろなメニューがあります。

それほど広くないので、待つ時もあります。

伊藤久右衛門本店は、老舗のお茶屋さんで、食事や抹茶スイーツ・お土産などが楽しめる人気店です。

期間限定のあじさいパフェの他にも、抹茶カレーそばやにしんそばなど、お茶やさんらしいメニューが揃っています。

もう、ここは行列覚悟で行きましょう。

  • 住所:京都府宇治市莵道荒槙19-3(『京阪宇治駅』から徒歩で約5分)
  • 電話番号: 0774-23-3955
  • 定休日 : なし(元日を除く)
  • 営業時間 : 10:00~17:00(茶房ラストオーダー16:30)

限定御朱印やあじさいのお守り・マスクをお土産に!

三室戸寺では、4種類の特別御朱印と、時期に応じたさまざまな御朱印があります。

書置きの御朱印は、紫陽花が描かれているものがあり、1枚500円。

とても人気なので、紫陽花の季節にはすぐに売り切れになってしまうので、御朱印を頂きたい方は早めに行くようにしましょう。

かわいいハート型の紫陽花のお守りや絵馬、刺繍の入ったマスクも人気です。

お守りや絵馬は本堂、マスクは出口の外に売っています。

三室戸寺のアクセスや駐車場

車で行く場合

京滋バイパス『宇治東IC』下車後、約3分ほどで着きます。(※大阪方面から行く場合には『宇治西IC』)

約300台停めることができる広い駐車場(料金は500円)がありますが、6月の中旬くらいからは、平日でも満車のことがあり、土日は2~3時間待ちになることも。

混雑時には、入場規制や最終入山受付の時間が早まることもあるので、9:00くらいの到着がおすすめです。

電車で行く場合

公共交通機関を使って行く場合の最寄りの駅は『京阪三室戸駅』です。

『京阪三室戸駅』からだと、徒歩15分ほどで行くことができます。

『JR宇治駅』から『京阪宇治駅』経由の臨時の直行バス『あじさい号』がある年もありましたが、今年はコロナの影響で臨時バスがでるかどうかはわかりません。

臨時バスが出なかった場合の最寄りバス停は『谷下り』で、三室戸寺までは徒歩8分ほどかってしまいます。

臨時バスは、平日でも多く、バスに乗れずに次のバスを待つこともあるので、混雑する時期にはブラブラと徒歩で行くのがおすすめです。

  • 住所:京都府宇治市莵道奥ノ池10-16
  • 電話番号:0774-21-2067

さいごに

三室戸寺のあじさい園は、6月中旬~下旬にかけて見頃を迎えます。

紫陽花のライトアップをやっているところはあまりないので、幻想的な紫陽花を見たい方は、ぜひ行ってみてくださいね。

ハートの紫陽花を探してみたり、紫陽花パフェを食べたり、他のあじさい園とは違った楽しみ方もできますよ。

徒歩25分くらいのところには『平等院鳳凰堂』や『宇治神社』などの観光スポットもあるので、足をのばしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました