三島スカイウォークの5つの楽しみ方!絶景やアスレチックを満喫しよう! | おでかけスポット見つけた!

三島スカイウォークの5つの楽しみ方!絶景やアスレチックを満喫しよう!

スポンサーリンク
三島スカイウォークの5つの楽しみ方!絶景やアスレチックを満喫しよう!

2015年12月14日にオープンした『三島スカイウォーク』

正式名称は『箱根西麓・三島大吊橋(はこねせいろく・みしまおおつりばし)』です。

約40億円を建設された大吊り橋で、全長は約400m。

人が歩いて渡れる吊り橋としては、日本一の長さを誇る吊り橋です。

高さは約70m。マンション11〜12階の高さに匹敵します。

吊り橋からは、日本一の深さを誇る駿河湾と日本一の高さを誇る富士山を眺めることができます。

「眺めだけでは…?」と思った方、ちょっと待ってください。

絶景はもちろんですが、その他にも三島スカイウォークには楽しめるポイントがたくさんあります!

そこで今回は、三島スカイウォークの5つの楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

三島スカイウォークの楽しみ方

三島スカイウォークの楽しみ方はたくさんあるので、ひとつずつ見ていきましょう。

絶景を楽しむ

先ほど紹介しましたが、もちろん眺めは絶景です!

まずは、日本一の高さを誇る富士山!

春夏には青々と生い茂る緑とともに、秋は紅葉とともに、冬は雪とともに…四季折々の景色を楽しむことができます。

次に、日本一の深さを誇る駿河湾!

街並みの奥側に見えるのが駿河湾です。

山と海を同時に眺められるのも珍しいですよね。

吊り橋を渡る最中、足元にも注目してみてください。

格子になっていて、吊り橋の下にある森林を見ることができます。

スリル満点でドキドキ感がさらに増しますよ。

遊びを楽しむ

三島スカイウォークには吊り橋の他にアクティビティも楽しめます。

一つ目は『フォレストアドベンチャー』

森の中をたくさんのアクティビティを使って冒険気分を味わえるアスレチックです。

子供も大人も楽しめるように『アドベンチャーコース』『キッズコース』『キャノピーコース』と、3つにコースが別れており、幅広い年代が遊べる場所です。

中でもジップライン(ロングジップスライド)というアドベンチャーはスリル満点!

往復560mで、吊り橋の横を一気に滑り降りるアクティビティとなっています。

空を飛んだような気持ちになりますよ。

二つ目は『ライドアクティ』

セグウェイに乗って森の中を探索するツアーやマウンテンバイクで山道を走るツアー、でこぼこ道をバギーで走り抜けるツアーがあります。

それぞれガイドが付いているので乗り物に乗ったことがない方も安心!森で迷子になる心配もありませんよ。

ゆったり楽しむ

アクティビティだけでは遊び疲れてしまいますよね。

三島スカイウォークにはゆったりできる空間もあります。

一つ目は『展望エリア』

富士山をバックに撮影できる場所やインスタ映えスポットもあります。

秋冬はサンセットも臨めますよ。

二つ目は『スカイガーデン』

花のシャンデリアで彩られた建物で、差し込む日差しとともにゆったりとした時間を味わえます。

お土産やグッズショップもあり、飽きずに過ごすことができますよ。

三つ目は『動物とのふれあい』

吊り橋を渡った先に『ふろっく― 福時計 ―』という建物があります。

そこではフクロウやハリネズミ、うさぎなどの動物を抱っこしたり、一緒に写真を撮ったりできます。

食を楽しむ

遊んだ後はお腹も空きますよね。

三島スカイウォークにはレストランでご飯も食べることができるのでご安心ください。

『森のキッチン』では、地元食材を使ったカレーやパンケーキなどを用意しています。

三島スカイウォークオリジナルの『みしまコロッケ』はサクサクでとっても美味しいですよ。

カフェでは、ホットドッグやパスタ、サンドウィッチが用意されています。

インスタ映えするドリンクや、薄い水色でさっぱりした味わいのソフトクリーム『そらソフト』もありますよ。

トイレを楽しむ

「トイレを楽しむって…?」と思った方もいるのではないでしょうか。

三島スカイウォークにあるトイレはとにかくラグジュアリー!

総工費20億円をかけられて施工されたそうで、『ラグジュアリートイレ』と名づけられています。

入口の男性・女性の表記は花とライトで彩られており、とってもおしゃれ。

トイレ自体もキレイに掃除されており、使用されている個室もライト点灯でわかりやすくなっています。

さいごに

三島スカイウォークは、箱根や富士河口湖を楽しんだ帰りに景色だけ楽しむこともできるし、アスレチックやジップラインなどのアクティビティなどを堪能しながら丸一日ここで楽しむこともできる、そんな場所となっています。

入口には大きな看板があるので車で行く方はわかりやすいかと思われます。

広い駐車場もあるので安心です。

雨の時など天候により営業時間が異なるのでご注意くださいね。

  • 住所:静岡県三島市笹原新田313
  • 電話番号:055-972-0084
  • 営業時間:9:00~17:00(イベントや天候などにより変更あり)
  • 定休日:なし(年中無休)
タイトルとURLをコピーしました