三島スカイウォークジップラインの料金や予約は?待ち時間はどのくらい? | おでかけスポット見つけた!

三島スカイウォークジップラインの料金や予約は?待ち時間はどのくらい?

スポンサーリンク
三島スカイウォークジップラインの料金や予約は?待ち時間はどのくらい?

『三島スカイウォーク』は、全長は400メートルある日本一の長さを誇る歩行者専用吊橋です。

地上から70メートルのところにあるつり橋からは、富士山や駿河湾を眺めることができ、足元の隙間からも大自然を覗くことができます。

その中でも人気なのが、三島スカイウォークの隣に作られたアクティビティ『ジップスライド(ジップライン)』

2018年7月26日に新たなアクティビティとして加わりました。

片道約300メートル・往復560メートルあり、片道およそ30秒ほどの時間ですが、空を飛ぶような爽快感を味わえます。

そこで今回は、三島スカイウォークジップラインの料金や予約、待ち時間、服装や撮影OKなのか?などについてもお伝えします。

スポンサーリンク

三島スカイウォークジップラインの料金や割引

三島スカイウォークジップラインの料金は、三島スカイウォークの入場料+ロングジップスライドの体験料2,000円がかかります。

森の中で楽しむことができる大型アスレチック『アドベンチャーコース』も一緒だと、少し割引されますし、1日中遊ぶことができますよ。

大人中高生小学生
三島スカイウォーク入場料1,100円500円200円
ジップライン料金2,000円
アドベンチャーコース

(入場料・ジップライン含む)

3,900円(通常料金5,000円)

ジップラインができるのは4年生以上もしくは身長140cm以上、体重が100kg以下の方に限られています。

子供の年齢制限や体重制限があるので注意が必要ですね。

滑走できるラインは3本あるため、カップルや家族など2人1組または3人同時に滑走することもできます。

三島スカイウォークジップラインは予約が必要?当日予約もOK?

三島スカイウォークジップラインは、予約なしで当日参加できます。

ジップラインのみでは予約することができません。

しかし、併設のアドベンチャーコースも一緒に利用する時はオンライン予約もできます。⇒アドベンチャーコースのオンライン予約はコチラ

アドベンチャーコースは必要ない方は、入場チケットだけでも事前にHPにて購入できるので、週末や繁忙期は入場する際に並ばなくていいように事前購入することをおすすめします。⇒入場チケット前売りはコチラ

ジップラインをする場合には『誓約書』が必要なので、先に署名して持って行っておくと混雑時でもスムーズに受付ができます。⇒誓約書はコチラ

ちなみに、ジップラインなどのアクティビティは雨の日も営業しています。

雨の日だと富士山は拝めませんが、その代わりハラハラドキドキ感を味わうことができます。

三島スカイウォークジップラインの待ち時間

三島スカイウォークジップラインは、平日は待ち時間ほぼゼロで体験することができます。

事前に安全講習の受講があるので、所要時間は混雑状況にもよりますが約30~45分。

実際にジップラインに乗っている時間は30秒ほどです。

ジップラインの他にも外国人観光客や子供も楽しめるアクティビティが多いため、土日祝や長期休暇中は1時間ほどの待ち時間になることもあります。

特に天気の良い日は混雑するので要注意です。

三島スカイウォークジップラインの服装

三島スカイウォークジップラインは、普段着で体験可能です。

公式HPには『動きやすい服装とスニーカーなどの靴』と記載されていますが、レンタルも用意されています。(レンタルウェア 500円・レンタルシューズ 500円)

サンダルなどはNGです。

安全装置を腰回りと両太ももにつけることになりますので、女性はスカート(特にミニ)は避けたほうがいいですね。

着地はおがくずの中になるので、汚れてもいい服装で行きましょう!

また、高台にあるので、冬はあったかい服装の方がいいかも知れません。

無料で使用できる小さなロッカーがあるので、荷物はそこに入れておきます。

大きな荷物は、別に有料コインロッカーがあります。

三島スカイウォークジップラインではスマホ撮影できる?

三島スカイウォークジップラインでは、自身でスマホを手に持ち、体験中の様子を撮影することができます。

動画を取りながらアクティビティを体験する人もたくさんいました。

滑走路は往復で体験できるので、往路は自分の目で楽しんで、復路はスマホで撮影しながらというのもありですね。

三島スカイウォーク(吊橋)の上からも滑走している様子が見えるので、同行者にカメラやビデオで撮影してもらうこともできます。

三島スカイウォークジップラインのアクセスや駐車場

三島スカイウォークのアクセスは、箱根や富士河口湖を堪能してきた方の帰り道などにも寄りやすい場所にあります。

公共交通機関であれば、『JR三島駅』からバスで約20分ほどです。

車で行っても、広々とした駐車場があるので安心です。

  • 住所:静岡県三島市笹原新田313
  • 電話番号:055-972-0084
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:年中無休

※営業時間が決まっていますが、雨・風など天候により、三島スカイウォーク自体の閉園が早まる場合もあるので事前に聞いてみた方が安心でしょう。

さいごに

三島スカイウォークジップラインは、晴れていれば富士山を見ながらアクティビティを楽しむことができます。

スタッフもフレンドリーな方たちばかりで、「スリー、ツー、ワン」の掛け声でスタートするジップラインはドキドキ感満載です!

はじめは、ちょっと怖いかな~と思いましたが、とっても気持ちよかったという感想です。

入場料とジップラインとセットになったお得な料金のアドベンチャーコースがおすすめです。

晴れた日を狙って行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました