宮古島海中公園の料金割引やクーポンはある?ランチは海が見えるカフェで! | おでかけスポット見つけた!

宮古島海中公園の料金割引やクーポンはある?ランチは海が見えるカフェで!

宮古島海中公園の料金割引やクーポンはある?ランチは海が見えるカフェで!
スポンサーリンク

宮古島海中公園は、服を着たまま宮古島の美しい海の中を見ることができる人気のスポットです。

雨の日でも楽しむことができますし、子供から高齢者まで、海に潜ったり、船に乗ったりしなくていいので、とってもお手軽です。

併設されているオーシャンビューのカフェでは、お得にランチを食べることもできますよ。

そこで、このブログでは、宮古島海中公園の割引クーポンやランチ情報、実際に行ってみた感想などお伝えしますね!

スポンサーリンク

宮古島海中公園の料金割引やクーポンは?

宮古島 海中公園

宮古島海中公園の料金は、大人1000円・高校生800円・小中学生500円・6歳未満無料となっています。

「家族で行くにはちょっと高いかな」と言った料金設定なので、割引やクーポンがないか調べてみました。

旅行会社のクーポンを使う

日本旅行 赤い風船 花マルバーゲンパッククーポン 宮古島

JAFなどのクーポンはなかったのですが、日本旅行やJTB、JALなど旅行会社経由で行くと、入場料割引やクーポンをもらえることが多いです。

私も日本旅行の『花マルバーゲンパッククーポン』で入場料が無料になりました!

旅行会社のクーポンは宮古島内のいくつもの施設が割引対象になっているので、宮古島に行く際には、お得なクーポンがついているパッケージツアーを選ぶのも手ですね。

ホテルやレンタカー会社の入場割引券を使う

ホテルによっては入場割引券を置いてあるところがあったり、前売り券を販売しているところもあるようです。

一度、フロントや受付で聞いてみるといいでしょう。

海中公園のカフェとのセット券を購入する

宮古島海中公園内には『シーサイドカフェ海遊』というカフェがあり、食事とドリンクがセットになったお得な券も販売しているのでランチにおすすめです。

料金は、大人1900円・高校生1700円・小中学生1500円。

シーサイドカフェ海遊は、オーシャンビューで景色も抜群!

宮古島海中公園 シーサイドカフェ海遊 ランチ

単品で注文しても、食べ物750円~・飲み物200円~と、手ごろな値段なので、ゆっくりするのもおすすめです。

宮古牛を使ったロコモコやタコライス、牛すじカレー、宮古島産のマンゴーを使ったパフェやジュースなどメニューも豊富です。

海中観察施設は雨でもOK!

宮古島 海中公園

メインの海中観察施設は、約30メートルの間に24個の窓があり、海の中を眺めることができます。

水族館とは違い、宮古島のありのままの海の様子を観察できます。

窓にはコケがたくさんついているので、魚たちがたくさん寄ってきています。

宮古島 海中公園

ガイドの方がいらっしゃるので、いろいろ質問してみると勉強になりますよ。

透明度はだいたい20mほどで、南国特有の熱帯魚、ウミヘビ、たまにウミガメも見ることができるそうです。

帰りに階段を昇ろうとすると、そこにはたくさんの魚の名前が書いてあるので、今、見てきた魚の名前を探してみても楽しいですね。

昇り降りは階段ですが、車椅子用の昇降機もあるので、足が不自由な方でも大丈夫です。

サンゴや貝殻を使ったワークショップが楽しい!

宮古島海中公園では、サンゴや貝殻などを使ったワークショップをやっています。

作品 所要時間 料金
貝殻アクセサリー作り体験 20分~30分 1,650円
UVレジン貝殻細工体験

・マグネット

・キーホルダー

・ヘアゴム

30分~45分 1,650円
板のっけシーサー体験 30分~45分 1,650円
フォトフレーム体験 30分~1時間 1,800円
貝殻シーサー作り体験 30分~1時間 1,800円
島ぞうりシーサー体験 45分~1時間 2,000円
シャコガイ壁掛けシーサー体験 45分~1時間 2,000円
UVレジンネックレス体験 45分~1時間 2,000円

体験できる種類が多く、所要時間が短いものでは20分~30分でできます。

時間があるのであれば体験してみると楽しいですよ。

うちの子供は、小さな島ぞうりとシーサーで置物を作りました。

宮古島 島ぞうり シーサー 貝 サンゴ

ハイビスカスの花やプレートなどオプションを追加したので、2,300円くらいかかりました。

自分で好きなサンゴや貝を持ってきて、いろいろ考えながら作ったのが面白かったらしく、宮古島で一番お気に入りのお土産となったようです。

また、宮古島海中公園はお土産の種類も豊富で、お菓子以外にも置物やTシャツなど、結構いろいろなお土産が売っていました。

特に多かったのが、『島ぞうり』

他のお土産やさんでは見ない、漫画のキャラクターや個性的な模様の手彫りの島ぞうりがたくさんあったので、島ぞうりを買いたいと思っている方はたち寄ってみるといいでしょう。

宮古島海中公園のアクセスや営業時間は?

宮古島海中公園は宮古空港から約25分ほどのところにあります。

県道230号線沿いにいくつか看板がありますが、看板が小さいので見逃さないようにしてください。

  • 住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣2511-1
  • 電話番号:0980-74-6335
  • 定休日:無休(台風の日などは臨時休業になる場合あり)
  • 駐車場:50台(無料)

駐車場は50台ほど無料で止めることができますが、この駐車場から海中公園に行くまでの道のりが、なんとも言えず、いい雰囲気の写真スポットです。

宮古島 海中公園

2020年11月12月の営業時間は、コロナウィルスの影響で少し短くなっているので、注意してくださいね。

  • 海中公園 10:00~16:00(最終受付15:30)
  • 体験工作 10:00~16:00(最終受付15:00)
  • シーサイドカフェ海遊 11:00~15:00(14:30ラストオーダー)

さいごに

宮古島海中公園は、雨の日でもOKですし、子供も高齢者の方も宮古島の海を手軽に楽しむことができます。

旅行会社のクーポンが一番お得ですが、食事とのセット券を買って、宮古ブルーの海を眺めながらカフェでランチをするのもおすすめです。

時間があれば、ワークショップも体験してみるといいですよ。

周辺には『雪塩ミュージアム』や『島尻マングローブ林』、『池間島のハート岩』などがあり、どこも車で10分ほどの距離なので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

雪塩ミュージアムのおすすめお土産は?限定ソフトクリームも美味!
宮古島の特産品のひとつに、雪のように真っ白なパウダー状の『雪塩』があります。そのな雪塩を使ったお土産を販売していて、限定の雪塩ソフトクリームを食べることができる『雪塩ミュージアム』に行ってきた感想と人気のお土産についてお伝えしますね!
宮古島のハート岩の行き方や目印になる場所は?駐車場はある?
宮古島の島めぐりの中で、池間島の観光に欠かせないのが、サンゴの岩礁を波が侵食して作り出した『ハート岩』です。しかし、ハート岩はちょっとわかりにくいところにあるので、行き方や目印になる場所、駐車場などについてお伝えしますね。
タイトルとURLをコピーしました