PANZA沖縄でジップライン!待ち時間や料金・服装は? | おでかけスポット見つけた!

PANZA沖縄でジップライン!待ち時間や料金・服装は?

スポンサーリンク
PANZA沖縄でジップライン!待ち時間や料金・服装は?

恩納村のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテルにある『PANZA沖縄』のジップライン『メガジップ』。

真っ青な海の上を爽快に滑走することができる超人気のアクティビティです。

海でのジップラインは珍しく、テレビや雑誌などでも、たびたび取り上げられていますね。

私も先日行ってきたのですが、めちゃくちゃ楽しかったです。

そこで今回は、PANZA沖縄のジップラインの待ち時間や料金、服装などについてお伝えします。

スポンサーリンク

PANZA沖縄ジップラインの待ち時間は?予約はできる?

PANZA沖縄ジップラインは、当日の天候や風によっても左右されるので、予約することはできません。

PANZA沖縄ジップラインの待ち時間は?

予約ができないとなると気になるのが待ち時間。

超人気アクティビティなので、繁忙期だと待ち時間は2時間近くにもなります。

繁忙期には整理券を渡してくれて、ジップラインができるだいたいの時間を教えてもらうことができるので、ビーチなどで時間をつぶしたらいいと思います。

ただ、途中で風がでてきたりすると一時中断になることもあるので、実際は教えてもらった時間より長い時間がかかることが多いようです。

また、お昼休み時間もあるので、注意が必要。(現在は、9:00~12:00と14:00~17:00の2部構成)

あさイチで行くのがおすすめ!

受付から体験終了までスムーズに行くと約30分ほどなので、朝イチで行くのをおすすめします。

繁忙期にはチケットが早めに終了することもありますからね。

また、ジップラインは風の影響を受けやすく、公式ホームページで8時半(実際には8時前後)に、その日の午前中行われるか中止になるか掲示されます。(雨の日でもある日もありますが、雷が鳴っていたら中止です。)

⇒ 公式ホームページはコチラ

ですので、8時過ぎ頃にはシェラトンホテルに着いておくのがベスト。

それで中止になっていたら、その日は別の予定を組んだ方がいいでしょう。

待っていたところでいつ再開になるのかわかりませんし、ジップライン待ちでその日1日無駄にしてしまうことにもなりかねません。

風で停止していることが多い

ジップラインをしたいのであれば、前日に沖縄の風の予報をチェックしておくことをおすすめします。

というのも、私が滞在していた時は、3日目にしてようやくジップラインをすることができたくらいで、それくらいしょっちゅう停止してしまうんです。

沖縄から帰ってもしばらくジップラインの運行状況を見ていましたが、できるかできないかは五分五分な感じです。

晴れていても中止になることも多々あり、風向きにもよりますが、だいたい7~8mくらいの風が吹くような時は、やっていないことが多いです。

ちなみに、一番きれいな海を見ることができるのは満潮時。

ただ、風もなく満潮となるとかなり限られてくるので、ジップラインが運行しているのであれば、ぜひ乗ってほしいです!

事前登録しておくとスムーズ

予約はすることができませんが、事前に『同意書登録』をしておくと手続きがスムーズです。

⇒ 同意書登録はコチラ

ジップライン予定の前日くらいに、人数分の登録を前もってしておきましょう!

PANZA沖縄ジップラインの料金

PANZA沖縄ジップラインは、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートホテル内にありますが、宿泊ではないビジター利用もOKです。

PANZA沖縄ジップラインの料金

料金は下記のとおりとなっています。(2022年11月現在)

ジップラインのみドローン撮影
宿泊者1,650円3,300円
ビジター2,750円4,400円

悪天候で中止になった場合には返金になりますが、個人的な都合では返金になりません。(※駐車場代は悪天候で中止になっても返金されません)

シェラトンホテルに宿泊すると、いろいろなアクティビティが全て割引価格で利用できますし、その日ジップラインが開催されるかどうかわかったらすぐに行動できるので、宿泊するのもアリだと思います。

ドローン撮影は必須!

PANZA沖縄ジップラインでは、GoProなどのカメラやスマホは持込み禁止ですが、そのかわりに、別途料金にてドローン撮影をしてくれます。

ドローン撮影は、映像は約1分程度+写真10枚前後。

ビジターだと4,400円かかるので、「ちょっと高いかな・・・?」と思いますが、それでも、このドローンは超おすすめです。

音楽入りのクオリティの高い画像がスマホに送られてきて、思い出を残すことができます。

沖縄の綺麗な海を背景にしたCMのような映像で、見るたびにテンションが上がりまくりますよ!

ジップラインは、天候にもよりますが、通常は横のレーンで2人同時にすることができるので、2人であれば一緒に撮影してもらうことも可能です。

その場合には、スタートのタイミングを同じにした方がいいですね!

また、スマホの映像より高画質希望の場合は、DC-R(500円)やSDカード(1,000円)で購入することもできます。

スマホの画像だけでもいいのですが、せっかくであれば画像のいいSDカードをおすすめします。

PANZA沖縄ジップラインの服装

PANZA沖縄ジップラインの服装の規定はなく水着で参加できますが、できればパンツスタイル&脱げない靴がベストです。

雨の日はハーネスで服が汚れることがあるので、汚れてもいい服がいいですね。

サンダルでも大丈夫ですが、かかとにストラップのついた脱げないタイプのものか、スニーカー。

ビーチサンダルやヒールのある靴はNGです。

メガネやサングラスはOKですが、アクセサリー(ピアスやネックレス)も外さなければいけません。

パンツスタイル・脱げないサンダル・スニーカー・メガネ・サングラス
スカート・ビーチサンダル・ヒールのある靴・アクセサリー(ピアス・ネックレス等)・スマホ・カメラ

荷物は全てロッカーに預けることになります。

また、ハーネスをつけたあとはトイレに行けないので、事前に済ませておきましょう。

PANZA沖縄ジップラインの年齢制限や体重制限

PANZA沖縄のジップラインには年齢制限や身長制限はありませんが、体重制限は25kg~130kgと決まっています。

体重25kgというと、だいたい小学校中学年、8歳~9歳くらいからOKになると思います。

ただし、小学生以下の子供は保護者同伴での参加のみ。

中学生になると保護者の事前同意だけでも大丈夫です。

PANZA沖縄ジップラインのアクセスや駐車場

ここからは、PANZA沖縄ジップラインのアクセスや駐車場について説明していきますね。

PANZA沖縄ジップラインのアクセス

PANZA沖縄ジップラインは、那覇空港から車で約1時間ほどの『シェラトン沖縄サンマリーナリゾート内』にあります。

那覇からリムジンバスや路線バスでも行くことができますが、ジップラインがたびたび停止することや、早めにチケットが終了することを考えると、シェラトンホテルか恩納村周辺に泊まっておくのがいいですね。

特に『リザンシーパーク北谷ベイ』は、とてもリーズナブルで、シェラトンホテルから500mほどしか離れていないのでおすすめです。

PANZA沖縄ジップラインの駐車場

駐車場は約200台停めることができる『シェラトン沖縄サンマリーナリゾート』の駐車場を利用することになります。

1時間600円、1日最大2500円。(7:00~19:00まで)

結構、高めですよね。。。

繁忙期などは3時間くらい利用することになりますし、悪天候で中止になった場合には駐車場料金は戻ってきませんので、やっぱり、シェラトンに宿泊するかすぐ近くのリザンシーパーク谷茶ベイに宿泊するのがいいのかな。と思います。

なお、レストランを利用すると3時間無料です。

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート内
  • 電話番号:050-5236-7750
  • 営業時間:9:00~17:00(9:00~12:00と14:00~17:00の2部構成)

さいごに

PANZA沖縄のジップラインの待ち時間は、朝イチで行くとスムーズですが、繁忙期は2時間ほど待つこともあります。

その日の運行状況を8:30頃にチェックして、開催になっても中止になってもすぐに動けるようにしておきましょう。

料金は高くなりますが、ドローン撮影は思い出に残るので本当におすすめです!

ジップラインは30秒ほどなので一瞬で終わってしまいますが、しっかりときれいな沖縄の海を目に焼きつけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました