四国鉄道文化館の料金や滞在時間は?見どころはイベントやジオラマ! | おでかけスポット見つけた!

四国鉄道文化館の料金や滞在時間は?見どころはイベントやジオラマ!

スポンサーリンク
四国鉄道文化館の料金や滞在時間は?見どころはイベントやジオラマ!

『四国鉄道文化館』は、愛媛県西条市にある『鉄道歴史パーク in SAIJO』のエリア内にあります。

京都や大宮の鉄道博物館ほど広くはありませんが、ほとんどの車両の中に入ることができます。

また、イベントや見ごたえのあるジオラマも評判がいいので、鉄道好きの方はもちろん、子供にもおすすめの鉄道スポットです。

そんなに観光客もいないので、混雑することもなく、落ち着いてみて回ることができますよ。

私も西条市に住んでいた頃、鉄道好きの子供を連れて何度も訪れたお気に入りの場所です。

そこで今回は、四国鉄道文化館の料金や滞在時間、イベントやジオラマなどの見どころについてお伝えしますね。

スポンサーリンク

四国鉄道文化館の入場料金や滞在時間は?

入場料金や割引は?

四国鉄道文化館の入場料金が安いのもうれしいポイントで、高校生以上300円、小中学生200円、就学前児童は無料で楽しめます。

予讃線の線路を挟んで北館と南館に分かれていますが、入場券は北館と南館で共通です。

割引は以前JAF割引がありましたが、今はなくなっていて、他の割引は見当たりませんでした。

年間パスポートも、大人1000円、小中学生300円と格安ですので、私はこちらを購入して子供としょっちゅう訪れていました。

その時期その時期で開催されているイベントや特別展示がありますので、何度も訪れる方にはパスポートがおすすめです。

入場券は自販機で買って、入口でハサミで切ってくれるので、ちょっと懐かしい感じがします。

滞在時間はどのくらい?

規模が小さく、こぢんまりした鉄道スポットなので、滞在時間は30分~1時間程度です。

イベントに参加すると、もう少し時間に余裕があった方がいいかも知れません。

四国鉄道文化館の見どころ

展示車両に入ることができる

四国鉄道文化館は、展示数はそれほど多くないですが、ほとんどの展示車両に入ることができるので、じっくり内部を見て回ることができます。

展示している車両は、こんな感じです。

  • 初代0系新幹線
  • DF50形ディーゼル機関車
  • C57形蒸気機関車
  • キハ65形急行用気動車
  • DE10形ディーゼル機関車
  • フリーゲージトレイン

特に、過去のフリーゲージトレイン試験車両を常設で見られるのは、全国でもここだけになっています。

北館は靴を脱いで入るので、全体的に保存状態もいいです。

新幹線0系とディーゼル機関車DF50は、運転席に座ることもできるので、ワクワクしますよ。

自由に羽織れる制服や帽子もあり、鉄道マンになった気分で写真撮影できるので、子供は喜ぶと思います。

いろいろなイベントがある

四国鉄道文化館のイベントは、時期毎に開催されている内容が変わります。

私はイベントにもいくつか足を運びましたが、楽しかったのは南館の外で行われるミニSL乗車会です。

外の広場に小さな線路が広がっており、そこをミニSLやミニ電車が走ります。

子供と並んで何度か乗りましたが、精巧な見た目ですし、晴れている日はすごく気持ちが良いです。

ただ本当に小さめですので、大人の方だけというより、子供と一緒に乗って楽しむ感じです。

お母さんが一緒に乗る場合は、車両をまたぐことになるので、スカートではなくズボンを履い行くのがおすすめです。

他にも、新幹線特集があったり、四国ならではのアンパンマン列車の特集があったり、いつ来ても何か新しい発見があります。

内容はその時期その時期で変わりますので、公式ホームページなどで確認して、興味のありそうなイベントや展示の時に行くのがいいでしょう。

ジオラマが精巧にできている

四国鉄道文化館の大型鉄道ジオラマは、愛媛県西条市を中心に四国・瀬戸内海の魅力がぎゅっと詰め込まれていて、照明等も凝った作りになっています。

10分くらいのジオラマショーでは、土讃線、予讃線のアンパンマン列車はじめ、しおかぜや鉄道ホビートレインなどの模型が街を走ります。

細かいところまでよくできているので、鉄道にあまり興味がない人でも、見ているだけで楽しめると思います。

ジオラマが実際に動くショーは開催時間が決められているので、あらかじめ時間を確認してから来館すると効率よく回れるでしょう。

四国鉄道文化館のお土産やグッズ

四国鉄道文化館のお土産やグッズは、隣接する『鉄道歴史パーク in SAIJO』の観光交流センターに売っています。

西条市の特産品もいろいろありますよ。

ただ、売店は17:30までと、四国鉄道文化館の閉館時間より早いので注意してくださいね。

また、西条市のふるさと納税は、四国鉄道文化館のオリジナル鉄道グッズが返礼品となっています。

興味のある方は、ふるさと納税してみてはいかがでしょうか。

四国鉄道文化館のアクセスや駐車場

四国鉄道文化館は、JR『伊予西条駅』に隣接しているので、アクセスはとても便利です。

駅そばなので、駅近のホテルに宿泊されている方などは、サッと歩いていくこともできます。

車で行く場合には『いよ西条IC』から約15分、『いよ小松IC』から約25分です。

台数がとても多いわけではありませんが、鉄道文化館を利用される方には無料の駐車場が用意されています。

特別なイベントが無い限り、すごく混雑したり交通規制があるということもありません。

ただ、毎年10月にある秋祭が非常に盛んな地域ですので、その時にはイレギュラーな状況であることが予想されますので、あらかじめ確認した方がいいでしょう。

  • 住所:愛媛県西条市大町798番地1
  • 電話番号:0897-47-3855
  • 開館時間:9:00~18:00(最終入館17:30)
  • 休館日:水曜日(水曜日が祝祭日の日は翌日)

さいごに

四国鉄道文化館はコンパクトですが、蒸気機関車やディーゼル車、新幹線など見ごたえがあります。

そして、何より車両の中に入ってじっくり見れるのでおすすめです。

全体を1時間くらいで見ることができる上、料金も大人300円とリーズナブルなので、近くに行った際には、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

鉄道には興味がない方も、迫力ある蒸気機関車やディーゼル車の展示や精巧なジオラマなど、楽しめると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました