柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?アクセスや駐車場情報も! | おでかけスポット見つけた!

柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?アクセスや駐車場情報も!

柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?アクセスや駐車場情報も!
スポンサーリンク

埼玉県志木市にある『柳瀬川』は桜の時期になると、きれいな桜並木をが見ることができます。

上野公園や井の頭公園などのように、非常に有名なお花見スポットではないので、ものすごく混雑していて騒々しいとかはなく、比較的落ち着いてお花見をすることができるんですよ。

柳瀬川にお花見に来るのは周辺に住んでいる人たちがほとんどで、家族連れも多くほのぼのした雰囲気です。

そこで今回は『柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?アクセスや駐車場情報も!』と題してお送りします。

スポンサーリンク

柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?

柳瀬川では毎年3月下旬~4月上旬になると河畔に沿って約170本の桜が咲き、桜並木に沿って土手の上に数軒、焼きそばやタコ焼きなどの屋台がでます。

見頃の時期には、ぼんぼりに照らされたライトアップも行われます。

夜桜見物は人も少ないので、ゆっくり桜を楽しみたい方にはおすすめですよ。

柳瀬川河畔では土手の上に桜並木があり、土手の下の河原に座ってお花見をするスタイルです。

そこではバーベキューをする人たちも多くいますが、桜並木そばの歩道をぶらぶら散歩するだけでも十分に楽しめます。

そんな気軽さも、このお花見スポットの魅力の一つなんですよね。

私は去年、週末の13時頃にお花見に行ったんですが、有名なお花見スポットのように、足の踏み場もないくらい混雑していることはないですが、そこまで空いているというわけでもありませんでした。

2人分くらいのスペースなら、少し歩いて見つけられましたが、グループでお花見をする場合は、できるだけ早くから場所取りをした方が良いと思いますよ。

柳瀬川駅西口を出てすぐの所に、コンビニもスーパー(サミット)もありますので、事前に買い出しをしておく必要はないでしょう。

お花見スポットから駅まで徒歩5分くらいですので、飲み物や食べ物が足りなくなっても、すぐに買い足しすることもできます。

スーパーでは、店頭でゴミの回収をしてくれていたので、とても助かりました。

柳瀬川河畔の桜並木のアクセスや駐車場は?

柳瀬川で桜を見る際の最寄り駅は、東武東上線『柳瀬川駅』です。

柳瀬川駅は、東武東上線の準急で池袋駅から22分・東上線の川越駅からは各停で15分程度であり、都心からも郊外からもアクセスしやすい距離にあります。

都心から30分もかからない立地で、ゆっくりとお花見ができるのでおすすめですよ!

最寄り駅となる柳瀬川駅から徒歩5分くらいのところに柳瀬川河畔の桜並木はあります。

お花見スポット周辺は住宅地であり、近くにあまり駐車場はないんですよね。

ただ、河原でバーベキューをしている人たちは、道具を持ち込んでいるはずですので、探せば近くの駐車場が見つかるのかもしれません。

最寄り駅からとても近いお花見スポットですので、個人的には電車で行くのが一番ラクだと思います。

どの駅から乗車するかによりますが、東武東上線と直通運転をしている東京メトロを利用する場合、東上東京メトロパスを活用するとお得に行けることもありますよ。

さいごに

今回は『柳瀬川河畔の桜並木の屋台やライトアップは?アクセスや駐車場情報も!』と題してお送りしましたが、いかがだったでしょうか?

場所柄、桜だけでなく川も見られるため、とても風情があります。

有名なお花見スポットとは違い、花見客が多過ぎず、特に家族連れにもおすすめですよ。

土手をダンボールのソリで滑って遊ぶ子供たちがも多いです。

ただし、土手は大人でも気を付けないと転んでしまうくらいの傾斜になっているので、注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました