嬉野温泉の宗庵よこ長で湯豆腐ランチ!美味しんぼにも登場した名店の味は? | おでかけスポット見つけた!

嬉野温泉の宗庵よこ長で湯豆腐ランチ!美味しんぼにも登場した名店の味は?

スポンサーリンク
嬉野温泉の宗庵よこ長で湯豆腐ランチ!美味しんぼにも登場した名店の味は?

佐賀県嬉野温泉にある『宗庵よこ長(そうあんよこちょう)』は、温泉湯豆腐の発祥のお店です。

嬉野温泉には湯豆腐を食べれる旅館やお店がたくさんありますが、『宗庵よこ長』の湯豆腐は、嬉野温泉の湯で自家製造しています。

味や風味・食感などにこだわりがあり、とってもまろやかな湯豆腐を食べることができるんですよ。

『美味しんぼ39巻』にも登場していて、嬉野温泉に行ったらぜひ立ち寄りたい有名店です。

そんな『宗庵よこ長』にランチに行ってきたので、メニューや混雑状況、アクセスや駐車場などについてお伝えしますね。

スポンサーリンク

美味しんぼにも登場した名店の味やメニューは?

『宗庵よこ長』の外観は和風で、町の定食屋さん・うどんやさんのような店内には、テーブル席と座敷があり、あわせて100名くらい入ることができます。

有名人のサインもたくさんあり、人気店だなぁ。と感じます。

メニューは、湯豆腐以外にも、かつ丼やうどん、お子様セット、1品料理などいろいろあります。

ボリュームのあるおからコロッケ(100円)は人気メニューです。

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 メニュー

  • 湯どうふ 500円
  • 湯どうふ定食 920円
  • 特選湯どうふ定食 1150円

私は、お店一番のおすすめの『特選湯豆腐定食』を頂きました。

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 定食

土鍋には、豆腐・海老・魚・白菜・ネギ・椎茸・卵など色々入っていて、薬味を土鍋に全部入れて、豆腐はそのまま、具はタレをつけて食べます。

定食には、ご飯(別料金でかしわご飯に変更可能)と小鉢が6品付いているので、お腹いっぱいになります。

嬉野温泉のお湯を使っている出汁は少し白濁していて、魚介の旨味が効いた絶妙な塩味です。

アツアツの豆腐は甘みがあり、弱アルカリ性の温泉水の効果で口の中でとろけてしまいました。

私は普段、あまり豆腐を好んで食べないのですが・・・豆腐本来の味が活きていて、はじめて食べた食感で美味しかったです。

優しい味だけど、しっかりと旨味の効いた出汁が美味しいので、ついつい全部飲んでしまいました。

こんなトロトロの豆腐が木綿豆腐だなんて、とっても不思議でした。

メインの豆腐を食べたあとに、白ご飯を土鍋の中に入れて、雑炊も楽しめるようです。

支払いは現金の他、カードやほとんどの電子決済に対応しているのが意外でした。

宗庵よこ長は予約して行くのがベスト!

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 予約 混雑状況

『宗庵よこ長』は、テレビや雑誌でもよく紹介されている人気店なので、平日も多いですが、土日になると1時間以上待つのは普通です。

長い時には「2時間くらい待った」とか、「席についてからの待ち時間が長かった」との口コミもあるので、予約してから行く方がいいでしょう。

私が行ったのは日曜日の13時頃でしたが、食事が出てくるまで1時間くらいの待ち時間で済みました。

ちょっと時間をずらして行くとか、特に次の予定がある方は、予約がおすすめです。

お店で名前を書いて、順番が来るまで待ち時間が長いような場合には、横にある『湯宿広場』で足湯に浸かるのもいいでしょう。

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 足湯

タオルがなくても、近くのお店には100円でタオルが売っています。

歩いて5分くらいのところには、『シーボルトの湯』の足湯や、お茶や雑貨・お菓子などのお土産屋さんもいくつかありますよ。

宗庵よこ長のアクセスや駐車場は?

『宗庵よこ長』のアクセスは、九州自動車道の『嬉野IC』から約1kmの嬉野温泉の中心街にあります。

バスセンターからも、徒歩3分ほどですが、バスの本数は少ないです。

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 駐車場

駐車場はお店の横に2ヶ所(14台駐車可能)ありますが、どちらもスペースが少なく、縦に2台停めるような形になります。

なので、後ろの車が出る時には食事中に呼び出されて、車を移動しなければなりません。

混んでいると駐車場の出し入れがちょっと大変ですね。

私はランチに行きましたが、夜も21:00まで営業しています。

  • 住所:佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
  • 電話番号:0954-42-0563
  • 営業時間:10:30 〜 21:00(ラストオーダー 20:30)
  • 定休日:水曜日(祝日の場合振替)

湯豆腐のお土産やお持ち帰りはある?

嬉野温泉 湯豆腐 宗庵よこ長 持ち帰り お土産

『宗庵よこ長』では、お土産に湯豆腐のお持ち帰りもでき、調理水やタレが入った湯豆腐セットは、2人前1,730円~。

自家製の木綿豆腐は1丁237円です。

保冷ボックスも200円で売っているので、自宅まで時間がかかる場合でも安心ですね。

また、嬉野ICの近くにある直営豆腐工場で販売もしています。

ホームページからは、通販でお取り寄せもできます。

他にも、嬉野温泉には『和多屋別荘』や『平川屋』など温泉湯豆腐の有名店がありますが、こちらは楽天通販でも販売しています。

ヘルシーな湯豆腐を手軽に家で楽しめるのはいいですね。

さいごに

『宗庵よこ長』の温泉湯豆腐は、豆腐本来の美味しさが味わえます。

豆腐がとろ~っとまろやかになる湯豆腐は、嬉野温泉でしか食べることができないので、近くにに行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

『元祖忍者村 肥前夢街道』からも車で5分くらいです。

子供と一緒なら『キッズ忍者アカデミー』がおすすめなので、観光も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

元祖忍者村肥前夢街道は老朽化がひどいけど楽しめる!料金や割引・食事は?
老朽化がひどいと言われている『肥前夢街道』ですが「スタッフの方のノリがよくて楽しい!」と高評価の口コミが多く、嬉野市の人気スポットとなっています。そこで今回は『元祖忍者村肥前夢街道は老朽化がひどいけど楽しめる!料金や割引・食事は?』と題してお送りします。
タイトルとURLをコピーしました