出雲大社はいつ行くのがいい?2022年の神在祭の日程やご利益も! | おでかけスポット見つけた!

出雲大社はいつ行くのがいい?2022年の神在祭の日程やご利益も!

スポンサーリンク
出雲大社はいつ行くのがいい?2022年の神在祭の日程やご利益も!

島根県の観光地で有名な『出雲大社』はさまざまなご利益がありますが、一年に一度、全国から神様が集まる月があります。

せっかくなら、その時期に観光したいですよね。

そこで今回は、出雲大社にはいつ行くのがいいのか?神様が集まると言われている神在月の神在祭の日程、ご利益、限定お守りや御朱印などについてもお伝えします。

スポンサーリンク

出雲大社にはいつ行くのがいい?

出雲大社に行くのであれば、旧暦の10月に行くのをおすすめします。

というのも、旧暦の10月の事を全国的に『神無月』と言いますが、島根県では出雲大社に神様が集まってくる事から『神在月』と言われています。

神在月の期間中、出雲大社では、神迎祭や神在祭など色々な行事を行っていて、神様をお出迎えしたりお見送りをしたりしています。

一般の人も行事を見る事ができるので、毎年たくさんの人が足を運んでいますよ。

また、この時期だけ、神様がお泊りになる御宿社の『十九社』がの扉が開いているので、とても貴重です。

出雲大社で神在月に行われる神在祭の期間

出雲大社で神在月に行われるお祭り『神在祭』は旧暦10月11日~17日の期間に行われる行事です。

期間が旧暦に基づいているため毎年日にちは異なっていますが、2022年は11月3日~11月10日となっていて、行事は下記の日程で行われます。

  • 神迎神事・神迎祭 2022年11月3日19:00~
  • 神在祭 2022年11月4日9:00~・8日10:00~・10日10:00~ 
  • 縁結大祭 2022年11月7日10:00~・8日10:00~・10日10:00~
  • 神等去出祭 11月10日16:00~
  • 第二神等去出 11月19日

まず、はじめに行われる『神迎神事・神迎祭』の場所は、出雲大社ではなく『稲佐の浜』です。

観客席がない上にフラッシュを使っての写真撮影は神事の妨げとなるため、見る際や撮影をする際には気を付けましょう。

稲佐の浜の砂を出雲大社で交換する方法や効果は?駐車場や夕日の見えるカフェ情報も! 
稲佐の浜は、島根県出雲市大社町に位置している海岸です。『お砂とり』も有名で、実際に行うとご利益を受ける事ができるんですよ。そこで今回は、稲佐の浜の砂を出雲大社で交換する方法や効果・使い方、駐車場や夕日が見えるカフェなどについてもお伝えします。

神在祭は一般の人は参列できないですが、『縁結大祭』は一般の人の参加できるのでとっても人気があるんですよ。

参加する際には事前の申し込みが必要で、秋ごろに出雲大社HPで詳細が発表されるので、気になる方はちょこちょこホームページを確認してみてくださいね。

幸縁むすび祈祷料は、5,000円で当日に納付すれば大丈夫です。

出雲大社神在月の効果やご利益

出雲大社は縁結びで有名ですが、神在月ではたくさんの神様が集まっていることから、縁結びだけではなく仕事や金銭、人間関係などさまざまなご利益を受ける事ができます。

仕事・人間関係で行き詰っている人や悩みがある人にもおすすめです。

参拝方法は一般的には二礼二拍手一礼ですが、出雲大社では二礼四拍手一礼とお参りの仕方が異なっているため間違えないようにしましょう。

出雲大社の参拝所要時間はどのくらい?おすすめルートやグルメ・周辺観光情報も!
出雲大社は、縁結びの神・福の神として知られている島根県でも一番人気の観光スポットなので、周辺ではいろいろなグルメや観光を楽しむことができます。そこで今回は、出雲大社の参拝にかかる所要時間やおすすめのルート、人気グルメ・周辺観光などについて紹介します。

神在月の限定御朱印やお守りはある?

出雲大社には、神在月の限定の御朱印やお守りがあります。

お守りの種類は小袋と錦袋の2つで、小袋は300円、錦袋は1,000円で購入できます。

期間限定なので、貴重ですよね!

せっかくこの時期に行くのであれば、ぜひ買って帰りたいものです。

ちなみに御朱印は、こんな感じです。

出雲大社の神在月の混雑状況

神在月の期間には例年、全国各地から60万人ぐらいの人が訪れるためとてもに混雑します。

駐車場は出雲大社の近くにもありますが、早い段階で満車になり、長時間待たなければいけない時も多々あります。

特に、縁結大祭に参加するのであれば、行く時間が決まっているので、車で行く際にはできる限り早めに行動するほうがいいですね。

車の混雑を緩和するため交通規制を行っている所がある影響で、行きだけではなく帰りも時間がかかります。

その事もしっかりと頭の中に入れてくといいですね。

さいごに

出雲大社には、神様がたくさん集まっていて、いろいろな行事を見ることができる神在月に行くのがおすすめです。

『神在月』と言う言葉は、他の都道府県に住んでいる人からするとそうではないかもしれないですが、島根県人としてはとっても馴染みがあります。

神在祭は毎年日程が変わるので、よく調べてから行った方がいいでしょう。

時間があれば、縁結大祭に参加したり、限定のお守りや御朱印を頂くのもいいですね。

例年たくさんの人が神在月の期間に訪れているため、今年も混雑が予想されますが、たくさんのご利益を頂いて帰ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました