能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くことはできるの? | おでかけスポット見つけた!

能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くこともできるの?

スポンサーリンク
能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くこともできるの?

能古島は福岡の博多湾に浮かぶ周囲12キロほどの小さな島です。

福岡市西区姪浜にある船乗り場からフェリーに乗って所要時間10分で行ける島なので、地元の人が休日にふらっと出かけたり、最近では外国の方も多く訪れています。

そこで今回は、『能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くこともできるの?』と題してお送りしていきます。

姪浜渡船場の駐車場事情についてもあわせて説明しますね!

スポンサーリンク

能古島行きフェリーの時刻表は?

姪浜→能古島能古島→姪浜
515(日祝日運休)00(日祝日運休)
615 4500 30
715 4500 30
81500
91500
101500
111500
0021500
131500
141500
151500
161500
1715 4500 30
1815 4500 30
194530
203015
210045
220045(日祝日運休)
2300(日祝日運休)
※台風など強風の場合には、運行状況が変わったり欠航することがあります。

※年末年始も通常運行とは異なります。

フェリーは、朝晩など島民がよく利用する時間を除いて基本的には1時間に1便で、予約することはできません。

定員は約200人~260人ですが、フェリーを1本逃してしまうと1時間待つことになりますので、時間に余裕を持って渡船場に着くようにしましょう。

ただし、能古島アイランドパークの桜やコスモスの見ごろの時期や、ゴールデンウィークなど、観光客の多い季節になると臨時便がでることがあります。

臨時便がいつ出るかは、お客さんの多さによって決まりますので、フェリーが出る直前にならないとわかりませんが、観光客の多い土日の昼間の時間帯に出ることが多いですね。

能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの?
『のこのしまアイランドパーク』は能古島のメインの観光スポットです。園内はいつ訪れても四季折々の花々が咲き、大人も子供も1日中楽しむことができます。そこで今回は、能古島アイランドパークの入場料金や食事・宿泊についてお伝えしますね!

能古島行きフェリーの料金は?

基本料金は?

  • 大人 往復460円
  • 小児 往復240円

大人は中学生以上、小児は1歳以上小学生以下(※ただし、大人1人につき1歳以上小学生未満の子供1人は無料)です。

往復券は4日間有効となっていますので、キャンプや宿泊など長期滞在する場合には、片道ずつ購入するようにしましょう。

ちなみにフェリーの料金の割引は、団体割引・障害者割引以外にはありません。

3ヶ月有効な回数券だと10枚分の値段で11枚ついていますので、6人以上で船に乗る場合や、しょっちゅう能古島に行く人にはお得ですね。

自動車の料金は?

フェリーに乗せる車の料金は、車体の長さによって変わります。

  • 3メートル未満          往復2680円
  • 3メートル以上4メートル未満  往復3080円
  • 4メートル以上5メートル以下  往復4940円
  • 5メートルを超えるトラックなど  往復4940円+1メートルごとに1480円加算

この料金は、運転手1人分の乗船料込となっていますが、だいたいワゴン車くらいの長さの車だと往復5000円近くかかってしまうんですよね。

フェリーに乗っている所要時間はたった10分程度なので、すごく金額が高いですよね。

フェリーは2台運行していて、そのフェリーの大きさによって車が乗れる台数が変わってきます。

約5台~10台の普通車が乗れますが、乗れなかった場合は次の船になりますので、車で行かれる方は、時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

ちなみに、能古島は島のところどころで行き止まりになるため、車で行ったとしても1周することはできません。

キャンプで大きな荷物がある場合や大人数の時などは車で渡るのもいいと思いますが、能古島アイランドパークへ行くだけであれば、車で行く必要はないでしょう。

自転車・バイクの料金は?

能古島へは、自転車やバイクでも渡ることができますよ。

基本料金プラス下記の持ち込み代金が別途かかりますが、折りたたみできる自転車を袋に入れて自分で持って船に乗るのであれば、料金はかかりません。

  • 自転車           往復240円
  • 原付バイク(125cc以下) 往復480円
  • バイク(750cc未満)   往復720円
  • バイク(750cc以上)   往復960円

島をサイクリングするのも気持ちがいいですよね。

ただ、能古島はアップダウンが激しいので、アイランドパークに行く方は自転車は厳しいかな。と思います。

ペットの料金は?

能古島行きのフェリーには、犬や猫などのペットもゲージ(200サイズまで)に入れれば乗せることができます。

料金は無料です。

ただし、能古島アイランドパークの園内には、犬や猫を入れることはできません。

隣接しているドッグランで遊ばせるか、入り口で預かってもらうようにしましょう。

能古島の姪浜渡船場の駐車場事情は?

  • 駐車可能台数 347台
  • 駐車料金   1回500円(24時間まで)
  • 利用可能時間 5:00~23:00(日祝日6:00~23:00)※この時間以外は入出庫不可

姪浜渡船場を挟んで手前と奥に2ヶ所の立体駐車場がありますが、手前は島民の月極駐車場となっていますので、間違えないようにしてくださいね!

観光客が多い時期になると、付近の住宅地まで駐車場待ちの行列ができます。

姪浜渡船場への道は、途中から一方通行になりますので渋滞にはまると出ることはできないんですよね。

しかも、フェリーが着いた時しか駐車場の出入りがありませんので、いったん入り込んでしまうとなかなか動きません。

特に、桜の時期・GW・コスモスの時期は、のこのしまアイランドパークへ行く観光客で混雑しますので、公共交通機関であるバスを使うことをおすすめします。

バスは車が渋滞していても、ちゃんと姪浜渡船場に着くように誘導されるので、大丈夫ですよ。

さいごに

今回は、『能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くこともできるの?』と題してお送りしましたが、いかがだったでしょうか?

最近では能古島も外国の観光客の方がどんどん増えています。

混雑しそうな時期であれば、姪浜渡船場までバスで行く方がおすすめです。

ちなみに船でのアナウンスは、もともとアナウンサーだった高島福岡市長がされてるんですよ!

船に乗る時には、そんなところも楽しんでみるといいかも知れませんね。

ちなみに、能古島内での移動はバスやレンタサイクルがおすすめですよ。

能古島内での交通手段はバスやレンタサイクルがおすすめ!時刻表や料金は?
能古島小さな島ですがアップダウンが激しいので、能古島内での交通手段はバスがメインになりますが、レンタサイクルもおすすめです。そこで今回は『能古島内での交通手段はバスやレンタサイクルがおすすめ!時刻表や料金は?』と題してお送りします。

さいごまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました