能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの? | おでかけスポット見つけた!

能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの?

能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの?
スポンサーリンク

『のこのしまアイランドパーク』は能古島のメインの観光スポットです。

園内はいつ訪れても四季折々の花々が咲き、アスレチックなどの遊具やミニ動物園もあるので、大人も子供も1日中楽しむことができます。

福岡市内の子供達の遠足の場所としても人気があるんですよ。

姪浜渡船場から船でたった10分で能古島に着くので、ちょっとお出かけしたい時にもおすすめです。

能古島行きフェリーの時刻表や料金は?車で行くこともできるの?
能古島はフェリーに乗ってたった10分で行ける島なので、福岡市民にも観光客にもとても人気があります。今回は能古島行きフェリーの時刻表や料金、車やペットも乗せることができるのか?また、姪浜渡船場の駐車場事情についてもあわせてご紹介しますね!

そこで今回は、『能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの?』と題してお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

能古島アイランドパークの入場料金や割引は?

能古島アイランドパークの入場料金は下記の通りです。

大人(高校生以上) 1200円
小中学生 600円
3歳以上 400円

30名以上の団体割引や遠足割引、留学生割引・福岡検定合格者特典などはありますが、JAFのように一般の人が使える割引はありません。

以前は、ローソン前売りチケットがあったのですが、今はなくなっています。

ちなみに、渡船場から能古島アイランドパークへは、西鉄バスがおすすめです。

歩きで行くと山道を1時間弱登ることになりますし、レンタサイクルであれば電動自転車でないとかなりきついですね。

能古島内での交通手段はバスやレンタサイクルがおすすめ!時刻表や料金は?
能古島小さな島ですがアップダウンが激しいので、能古島内での交通手段はバスがメインになりますが、レンタサイクルもおすすめです。そこで今回は『能古島内での交通手段はバスやレンタサイクルがおすすめ!時刻表や料金は?』と題してお送りします。

能古島アイランドパークの食事のおすすめは?

バーベキューがおすすめ!

能古島アイランドパークの食事は、バーベキューハウスの炭火焼バーべキュー『のろし焼き』がおすすめです。

九州産和牛と野菜のセットもありますが、持ち込みもOKなんですよ。

テラス席・室内・屋外と選べますが、『レストラン防人』は、ちょうどお花畑の真ん前にありますので、やっぱりお花や海を見ながらバーベキューを楽しめるテラス席がおすすめです!

テラス席には、ビニールの屋根もついていますので、急な雨でも安心です。

屋外はお花見の季節に桜の下でBBQをすることができますよ!

最大500名まで入れる大きなバーベキューハウスですが、ゴールデンウィークや桜やコスモスなど花の見頃の時期には混雑するので、予約した方がいいでしょう。

能古うどんも有名!

能古島アイランドパークにある『耕ちゃんうどん』には、普通のうどんもありますが、島の特産品である『能古うどん』もあります。

せっかく能古島に来ているので、『能古うどん』を食べてみてはいかがでしょうか?

『能古うどん』は、平べったく喉ごしがいいのが特徴で、温かいうどんよりも冷やしの方がおすすめです!

『耕ちゃんうどん』は手ごろな値段で人気がありますので、お昼の時間帯はちょっとずらした方がいいでしょう。

普通のレストランもある

ステーキやカレー、お子様ランチなど普通の食事を楽しめる『レストラン防人』もあります。

この『レストラン防人』の前で売っているソフトクリームはぜひ食べて欲しいです!

濃厚でとっても美味しいんですよ~。

お弁当の持ち込みもOK!

能古島アイランドパークは、食べ物や飲み物の持ち込みOKですので、お昼ご飯にお弁当を食べる予定であれば、事前に作っていくかあらかじめ買って行った方がいいしょう。

能古島にはコンビニやスーパーはまったくないので、現地調達はあまり期待できません。

能古島の渡船場のすぐ横に『のこの市』という地元の特産物を売っている小さなお店がありますが、お弁当には数に限りがあり、売り切れている場合もあります。

能古島アイランドパークは、日陰が少ないので、簡易テント持参がおすすめです。

能古島アイランドパークは宿泊もできる!

能古島アイランドパークは日帰りでも十分楽しむことができますが、1戸建タイプのコテージが10棟(1棟6名まで/増員要相談)あり、宿泊することもできます。

宿泊料は1泊、大人7000円・小学生4000円・3歳以上2000円で、能古島アイランドパークの入園料込みの価格となっています。

桜やコスモスの見頃には、夜、ライトアップされていますので、その時期にあわせていったり、夏には宿泊者特典として能古島キャンプ村・海水浴場の利用料が半額となるので、海で遊ぶのもいいですね!

お部屋には冷蔵庫やコンロ、エアコンはありますが、食事つきではないので、食材やタオルなどは持ち込むことになります。

観光であれば、能古島に車で来ることはおすすめしませんが、宿泊する場合には荷物が多くなるので車で来た方が便利です。

ちなみに駐車場は、園の入り口近くに10台ほど停めることができる無料駐車場があります。

さいごに

今回は、『能古島アイランドパークの入場料金は?食事や宿泊もできるの?』と題してお送りしましたが、いかがだったでしょうか?

食事をする場所はあると知っていても、宿泊までできると思ってなかった人も多いでしょうね。

コスモスのきれいな秋もいいですが、私のおすすめの季節は『春』です。

桜の淡いピンク色と一面に咲いた菜の花の黄色、それと青色の海の3色のコントラストが、本当にきれいで、私が今まで見た中で一番きれいな桜の風景として印象に残っています。

『能古島アイランドパーク』は、ほんとにいつ行ってもお花が綺麗なので、まだ行ったことがない人はぜひ行ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました